ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 先月23日の着伯から今日21日に離伯する日体大野球部の皆さん。同時期には国士舘大の剣道部員も来伯していた。聖、リオ、クリチバ、ブラジリアなどの主要都市を回り、遠くは北伯ベレン、南伯ポルト・アレグレにも。ジョアン・ペッソアでも指導を行なったというので、「そんなところにも剣道選手がいるなんて」と驚き。大学生の皆さん、1カ月の指導講習お疲れさま。
     ◎
 文協貴賓室で24日午後7時半から、『日系議員当選祝賀会』が行われる。サンパウロ州内の市議や市長、副市長に当選した日系議員を招待し当選を祝う催しだ。参加費は100レで申込みは17日までとのことだが、関心のある人は連絡してみて。問い合わせは文協事務局(11・3208・1755)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2017年6月23日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』(編集兼発行人=富重久子)336号が発行された。《妻逝きて部屋の風鈴余韻鳴る》(青木駿浪)はしんみりとさせる作品。《手折り来し秋草させるグヮラナ瓶》(須貝美代香)はブラジルらしい季節感が漂う。《仏壇のまっかな柿に夕日さす》(間部よし乃)は黒檀にダイダイ色の柿という […]
  • 大耳小耳2017年6月20日 大耳小耳  日本の女優の野際陽子さんが13日に死去した。81歳。3年前に肺せんがんが見つかり、手術や抗がん剤治療を行いながら仕事を続けていたという。野際さんといえば05年にNHKで放送され、ブラジル移民の苦難の歴史を描いたドラマ「ハルとナツ~届かなかった手紙」で、トラホームの日本に取り残 […]
  • 大耳小耳2017年6月1日 大耳小耳  ニッケイ新聞編集部の古本売り場の本を大幅に入れ替えた。司馬遼太郎の『竜馬がいく』『坂の上の雲』や遠藤周作、山本周五郎、池波正太郎、五木寛之など著名作家の名作がズラリ。中には掘り出しモノもあるかも。ほかにも稲盛和夫の「京セラフィロソフィ」、浅田次郎やパウロ・コエーリョも。書籍だ […]
  • 大耳小耳2017年5月11日 大耳小耳  新しく福井県人会の会長になった金兼文典さん(76)は満州ハルピンの生まれ。両親が福井県出身。終戦とともに日本に引き上げ、1959年に渡伯したそう。ウジミナスの製鉄所に50年6ヵ月務めたほか、同製鉄所のあるミナス州イパチンガ市の日伯文化協会の会長を務めていた。「会員の皆さんの親 […]