ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史 戦争と移民=高良忠清 | 自分史 戦争と移民=高良忠清=(14)

自分史 戦争と移民=高良忠清=(14)

 お国のために潔く死んで来いと教育されながらも、いざとなれば弱いものを犠牲にしてでも生き永らえたく思う者もあった。それが戦場の悲劇だ。
 それにしても、物資に乏しい日本はあの悲惨な戦争を勇気だけで戦った。犠牲になった人達にはほんとうに気の毒ではあるが、日本が負けてよかったと私は思う。
 井の中の蛙、大海を知らず、と言うことわざがあるが、戦後になってその蛙は大海を知り、外国との交流で新しい文化や技術を取り入れて発展することになったのだ。
 あの昭和二十年(一九四五年)を境にできた戦前、戦後という言葉も世代が移り変わってゆくに従ってなくなって行くでしょう。

 母

 母は学問こそ無かったが、子供達を立派に育て上げ、生活の知恵にはことかかなかった。何でも手に入ったものは、明日のため上手に保存した。
 我が家で何人かの日本兵が寝起きしていた頃、兵隊さん達のご飯が残るとそれを母に与えた。母はその炊いたご飯をもう一度乾燥させ保管した。いよいよ戦争が始まった時、この乾かしたお米がとても役に立った。
 終戦直後の厳しい食料難の折には、山でいろいろ草木の葉や花を採り入れ、海からは石にくっついて生えていた藻草(アーサ)を取ってきて乾燥させては保存食にした。私達は気付きもしなかったが、ネズミもうまく料理したそうだ。今どきの人にこんな話をすれば笑い事にして済ましてしてしまうかもしれない。
 母はちょっとでも余った食べ物は必ず乾燥保存して食料不足を補った。自家用に植えていた野菜も、お金になるものは町にもって行き、それを売ったお金は一銭、一銭貯えていた。いつでもいざと云う時を配慮していたのです。酒好きの兄が掛けで飲んだ酒代の付けも、母がちゃんと払うことさえありました。
 または母は、私たちにいろいろなことを教えてくれました。そのうち母に習った沖縄語の一言は未だに忘れません。(ドウニル フンシ ヤ アル)と言う言葉です。
 その意味は「自分の体の中に神が宿る」と言うことです。だからこそ他人に因るものではなく、自分自身の心がお前達たちの人格を創るんだよ、と口癖のように教えられました。若い頃はほとんど気にすることも無かった母の教えですが歳をとるに従ってやっと母の教えが分かる様になってきました。 

 少しのお米 

 私の親戚の叔母さんがフイリッピンで夫は兵役、四人の子供を抱え食料も無く、最後の少しのお米を次の日に炊いて子供達に食べさせようとおいてあった。ところが二人の日本兵がやってきてそれを鍋ごと盗んで行った。兵隊は食料に気をとられて銃を忘れて逃げ去った。
 翌日、忘れた銃を取りに来た兵隊に向かってある叔父さんが、発砲するぞ、と脅したら、またあわてて逃げ去った。お国のために尽くす兵隊さんでも、空腹には勝てず、盗んでまで腹を満たそうとしたのです。食べ物がなくなるとこの様にして人の心は変わるのです。叔母さんの三人の子供は栄養不足で死んでしまった。
 悲惨な戦争はこんなふうにして罪の無い子供達を犠牲にしてしまったのです。私も空腹のあまり道におちていた一欠けらのパンを拾って食べたこともありました。生活上一番大切なものは食べ物です。

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(18)2017年4月1日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(18)  ここでの仕事は朝七時から夜の十時、十一時ぐらいまでが当たり前だった。昭和三十五年(一九六〇年)に結婚し、妻も一緒に兄夫婦の御世話になりながら一男,一女が生まれた。  妻は一世だが、二歳でブラジルに来たので二世同様、日伯両語を話せるので、彼女にはずいぶんポルトガル語を教えても […]
  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(16)2017年3月30日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(16)  軍の講習をうけて、桟橋内で働く免許書を取り、船の荷物を上げ下ろしする仕事をすることになった。一生懸命働いて三千円の月給を貰い、全部母に渡した。それを頼りにしていた母はいつも喜んでくれた。  あの頃、若者達の憧れは運転手だった。アメリカ軍の基地の中で、たくさんの仕事があって給 […]
  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(17)2017年3月31日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(17)  私達の渡伯はチョッと早すぎたので、渡航費は自費負担となったわけだ。洗濯屋は私もブラジルに移住することになったので、やめることにしたと社長に伝えた。意外にも社長は、私が配達を始めてから車の経費も非常に軽くなり喜んでいたそうで、最後の月給に足して励ましの言葉と餞別までくれた。 […]
  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(9)2017年3月18日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(9)  「これを着て退院しなさい」と言われた時は皆大笑いとなった。何しろその軍服は、小柄な私が二人はいってもまだ大き過ぎるぐらいだった。兄が「それは俺が着るから、おまえは俺のものを着なさい」と言ったので、結局、私は兄の服を着て退院した。  そこで、君達は未成年だから孤児院を探すよう […]
  • 自分史 戦争と移民=高良忠清=(10)2017年3月21日 自分史 戦争と移民=高良忠清=(10)  石川まで母を訪ねるには所々自由に入れない禁止区域があったので、兄は役所で旅行証明書を貰いに行った。  しかし、石川までの証明書は出してくれませんでした。宜野座までなら、ということで、とりあえず宜野座までの証明書を貰って石川を目指して出かけることにした。  照屋幸栄と那覇出 […]