ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自分史 戦争と移民=高良忠清 | 自分史 戦争と移民=高良忠清=(16)

自分史 戦争と移民=高良忠清=(16)

 軍の講習をうけて、桟橋内で働く免許書を取り、船の荷物を上げ下ろしする仕事をすることになった。一生懸命働いて三千円の月給を貰い、全部母に渡した。それを頼りにしていた母はいつも喜んでくれた。
 あの頃、若者達の憧れは運転手だった。アメリカ軍の基地の中で、たくさんの仕事があって給料もよかったからだ。
 昭和二十七年(一九五二年)に定時制高校が設立、入学試験に合格したので勉強を始めたが、職場と学校の両立は易しいことではなかった。
 一時間目の授業から四、五分もすると昼間の仕事の疲れで眠気に襲われた。それでも先生は何も言わなかった。家で勉強をする暇も無く、勉強と仕事を両立出来ず、結局学校を辞めてしまった。
 十八歳になってから自動車の運転免許を取得してタクシーを運転していたが、クリーニング屋の配達をやることになった。ある日、私の家の近くで故障した洗濯屋の車を直している運転手がいた。彼は修繕が終わると一リッターほどのガソリンでジャブジャブ自分の手を洗って車で立ち去った。
 ほんの少しで手はきれいに出来るところを、他人のものだから無駄遣もお構いなしなのだろうと思いながら見ていたが、しばらくするとその運転手が仕事を辞めたので、私が代わりに雇われることになった。
 この洗濯屋というのがじつは、小禄尋常小学校に一緒に入学、中学も同じ上原長栄君もこの店の経営者の一人だったのだ。上原長栄、照屋幸一、上原小太郎、それにもう一人の上原さんと四人組合で開業したのだ。
 そんな事から一緒に勉強して、こんどは一緒に働くことになった長栄君と、よくアメリカ軍の兵舎に洗濯物を届けに行ったものです。
 しかし、この洗濯屋も経営がおもわしくなくなり、四人の組合では人が多すぎると言うことで長栄君はこの組合から抜けることにした。
 ある日、彼は照屋幸一さんを連れ添って仕事の清算をしにやって来たが、残った社長も払うお金が無く、彼は一銭も貰わず帰るしかなかった。
 長栄君が「それじゃあチョとだけ車を使わしてほしい」と頼んだが、それも断られた。金も払わぬ車も貸さないでは、人の情けも無い人だと私は思った。後にブラジルでこの上原長栄君が來伯することを耳にして、まるで恋人でも待つように胸を躍らせた。再会の当日は仕事も休んで、まだ自家用車も持たない身分、トラックを走らせて彼に会いに行った。
 本当に久しぶりに会えた長栄君と一緒にいた時間は、なつかしさいっぱいで、沖縄に居る様な気がした。長栄君は私にとってそんな竹馬の友だったのだ。上原小太郎さんは洗濯屋開業の際に照屋幸栄さんからお金を借りていた。
 ところがある日、幸栄さんがブラジルに移住するとの話をきいて出発前夜に駆けつけた。プレゼントを携えて、義理ある幸栄さんにせめてお別れの言葉でもと思って彼の家をたずねたのだ。
 ところが声をかけても幸栄さんが見えないので、尋ねてみると、幸栄さん昨日ブラジルへ発ったということだった。日にちを間違え一日遅れで挨拶に出向いた小太郎さんは驚いて、恥ずかしさと自分のふがいなさで穴があったら隠れたいほどだったと語っていた。
 そんなことから、ブラジルで沖縄人の移民を受け入れていると言う話を聞いた。急激な人口増加にくわえて、沖縄にはあまり将来性をもてなかったので、御先祖様が残してくださった財産を処分して旅費をつくり、すでに向こうで生活していた三人の兄達の呼び寄せ移民としてブラジルへ渡ることにした。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇2017年9月22日 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇  19日夜、サンパウロ大都市圏のイタペセリカ・ダ・セーラ市で、路上駐車していた自分の車と間違えて、他人の車の扉を開けようとした23歳の男性が、強盗だと思った車内の男性に射殺される事件が起きた。21日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジャン・アラウージョ・ルフィーノ・シャ […]
  • 《ブラジル》中銀経済活動指数=7月は0・41%上昇=ゆっくりだが景気は回復=雇用の回復示すデータも2017年9月16日 《ブラジル》中銀経済活動指数=7月は0・41%上昇=ゆっくりだが景気は回復=雇用の回復示すデータも  ブラジル中央銀行が14日、7月の経済活動指数(IBC―Br)は前月比0・41%上昇し、下半期の景気は、ゆっくりだが回復基調に乗り始めたとの見方を示したと15日付現地紙が報じた。 […]
  • WTOでブラジルが敗訴=工業支援のプログラム7つで2017年9月1日 WTOでブラジルが敗訴=工業支援のプログラム7つで  8月30日に世界貿易機構(WTO)が、ブラジルが行ってきた工業支援プログラム七つを国際貿易の原則に反していると判断した事で、外務省や商工開発省などが控訴する意向だと8月30、31日付現地紙・サイトが報じた。  WTOが不当とみなしたのは、自動車、情報処理、通信機器などの戦略 […]
  • 《ブラジル》小売販売=6月は量、金額が共に成長=14年以降で最も明確な回復2017年8月16日 《ブラジル》小売販売=6月は量、金額が共に成長=14年以降で最も明確な回復  ブラジル地理統計院(IBGE)が15日に発表した小売月次報告によると、6月の小売販売は、前月比で量が1・2%、金額も0・8%成長した。昨年同月比では量で3%、金額で2・4%成長しており、14年末以降で最も明確に回復を示す数値となったと15日付現地紙サイトが報じた。  前月比 […]