ホーム | イベント情報 | ブラジル力行会創立百周年=9月に式典「ぜひ参加を」

ブラジル力行会創立百周年=9月に式典「ぜひ参加を」

右から来社した岡崎会長、吉岡実行委員長、古賀百年史編纂委員

右から来社した岡崎会長、吉岡実行委員長、古賀百年史編纂委員

 ブラジル力行会(岡崎祐三会長)が9月17日に創立百周年式典を行うことが決まったと、岡崎会長(74、岡山県)、吉岡黎明式典実行委員長(81、二世)、同百周年記念誌編纂委員会の古賀捷則さん(76、福岡県)が来社して報告し、当日の参加を呼びかけた。

 場所は聖市の文協ビルの小講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で、午前9時半開会。100年間の歩みをたどる記念誌編纂が現在進められており、当日前に刊行される予定。その一環として、本紙六面に「ブラジル力行会の略史」(全4回)が掲載中だ。

 式典には、昨年創立120年を迎えた日本力行会から、村上悦榮理事長を含む慶祝使節団が10人ほど来伯する予定。当日は歴代会長の顕彰、力行会と縁の深い弓場農場のバレエ団や、歌手の中平マリコさんらの公演も予定している。

 会員の中には転居に伴って住所が不明になったひとも多く、岡崎会長は「この記事をみて、今まで連絡が取れなかった会員も、式典に参加してくれると嬉しい」としている。

 問い合わせは、ブラジル力行会事務所に電話(11・5571・0637、午後のみ)するか、岡崎会長にメール(yokazaki@nethall.com.br)を送ってほしいとのこと。

こちらの記事もどうぞ

  • 来社した越賀道秀賛事、天雨住職(左から)2014年9月13日 曹洞宗=天雨清成住職が来伯=全7市で巡回法話  曹洞宗南米別院佛心寺が「2014年度特派布教師巡回法話」を実施するにあたり、少林山眞見寺の天雨清成住職(63、長崎)が来伯した。13日から全7市で巡回法話を開催する。参加費無料。 天雨住職は曹洞宗布教師養成所で8年間学び、釈迦、道元禅師、瑩山禅師の教えを説く法 […]
  • 小原明子さん2014年8月16日 人文研「今昔物語」=小原明子さん招き20日  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)が20日午後6時半から、「コロニア今昔物語」を開催する。場所は文協ビル5階53号の県連会議室で、講師には弓場バレエ団代表の小原明子さん(写真)を招く。テーマは「ユババレエと私 ―ブラジルに渡って50年―」で、ユババレエ […]
  • 弓場農場80周年舞踏会=大野慶人さん招き記念公演2015年7月2日 弓場農場80周年舞踏会=大野慶人さん招き記念公演  聖州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会、弓場常雄代表)が9日午後8時半から、テアトロ・ユバで農場創立80周年記念『大野慶人舞踏公演 花と鳥―内部と外部』を行なう。外交120周年記念公認行事、入場無料。 1938年東京生まれの大野慶人さんは、59年に初舞台 […]
  • 55年迎えた弓場バレエ=クリスマスの集いに700人=芝居「二十日ネズミと人間」も2017年1月4日 55年迎えた弓場バレエ=クリスマスの集いに700人=芝居「二十日ネズミと人間」も  サンパウロ州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会、望月友三代表)が12月25日と30日の両日、恒例の『クリスマスの集い』を開催した。来場した700人は、一年の練習の成果に大きな拍手を送った。 […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第4回=風力発電の壮大な無駄に驚き2016年4月7日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第4回=風力発電の壮大な無駄に驚き  イタイプーダムを救った「8人の侍」の一人、千田功さんは、湾岸戦争を機にメンデス・ジュニオール社の仕事を辞め、その後91年頃から日本にデカセギへ行っていた。「5年間は東京都の日野自動車社、残りの5年間は茨城県の旭ファイバーグラスで仕事をやっていた。ブラジルにいる妻とはときどき電 […]