ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルの経済成長=22年までは世界平均以下?=国際通貨基金が新たな予想

ブラジルの経済成長=22年までは世界平均以下?=国際通貨基金が新たな予想

 国際通貨基金(IMF)が18日、ブラジル経済の成長は緩やかで、少なくとも2022年までは世界平均を下回るとの予想を発表した。

 IMFの予想では、伯国は今年、リセッション(景気後退)を抜け出すが、その後の成長は緩やかで、今年の国内総生産(GDP)の伸びは0・2%、来年も1・7%程度と見られている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 有料会員登録はお済みですか? 有料会員登録について

こちらの記事もどうぞ