ホーム | 日系社会ニュース | 日本民謡伯大会、30日=第50回迎え、若返る歌い手

日本民謡伯大会、30日=第50回迎え、若返る歌い手

案内のため来社した皆

案内のため来社した皆

 ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が主催する「第50回日本民謡ブラジル大会」が30日午前8時半より、聖市の宮城県人会会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で行われる。入場無料。今回は50年周年の節目となる大会で、約130人が出場予定だ。

 年齢別で各部門にわかれ、日頃の練習の成果を競い合う。上位得点者10人を集めたブラジル支部代表者決定戦で、「第30代ブラジル代表」が選抜される。選ばれた歌い手は、10月8日に東京両国国技館にて開催される「平成29年度日本民謡民舞全国大会」に出場できる。

 最高齢の参加者は100歳を越えるというが、近年民謡は幅広い世代に愛されており、三世、四世も増えているという。

 来社した塩野彰会長、佐藤元宏副会長らは「若い参加者が多くなり、民謡が盛り上がってきている。今まで関心がなかった方も、50周年の機会に大会に足を運んでいただき、興味を持つきっかけなれば嬉しい」と来場を呼びかけた。

 問い合わせは塩野会長(11・99997・7929)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに2017年12月20日 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに  2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの活性化、グローバル化の推進、観光振興などを目的として、日本の地方自治体が海外選手団の誘致を進めている。岩手県遠野市、静岡県浜松市などがブラジルの選手団の「ホストタウン」(受入れする町)として登録され、スポー […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]
  • 安永幸柄さん優勝、日本へ=第50回日本民謡全伯大会2017年5月6日 安永幸柄さん優勝、日本へ=第50回日本民謡全伯大会  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が先月30日、宮城県人会館で「第50回日本民謡全伯大会」を開催した。今年もパラナ州クリチバ、マリンガなど遠方地からも多くの会員が参加。約120人が出場し、歌声を競い合った。  優勝は「道南口説節」を歌った安永幸柄さん(30、四世)で […]
  • 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」2017年11月7日 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」  平成29年度外務大臣表彰伝達・祝賀式が先月31日に在サンパウロ総領事公邸で行われた。受賞者のサンタクルス日伯慈善協会の石川レナト理事長、柔道家の石井千秋さん、陶芸家の鈴木章子さん、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に野口泰在サンパウロ総領事から賞状と記念品 […]
  • 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに2016年12月16日 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに  日本政府による2016年度秋の叙勲の伝達祝賀式が14日午後、在聖総領事公邸で行なわれた。元文協会長の木多喜八郎氏(72、二世)=旭日小綬章=、柔道の元ブラジル代表監督の篠原正夫氏(92、同)=旭日単光賞=らが栄誉に浴し家族ら約50人と共に受章を祝った。 […]