ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

     ◎

 会報『南青協便り』182号を見ていたら杉江勉さん(10期)が次のクイズを出していた。《次の用語は年齢に関するもの。何歳を指すかを答えてください。1=米寿、2=而立、3=五十路、4=華甲、5=古希、6=傘寿、7=還暦、8=不惑、9=志学、10=半寿、11=従心、12=白寿、13=八十路、14=耳順、15=喜寿、16=知命、17=卒寿》。さて何問答えられたか? 回答は《1=八十八、2=三十(にして立つ)、3=五十歳、4=六十一、5=七十、6=八十、7=六十一、8=四十(にして惑わず)、9=十有五(にして学に志す)、10=八十一、11=七十、12=九十九、13=八十、14=六十、15=七十七、16=五十(にして天命を知る)、17=九十》

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2017年10月3日 大耳小耳  ブラジル日本文化福祉協会は『第9回文協統合フォーラム』を7、8の両日午前8時から、聖市文協(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。全伯日系社会の各団体の代表者らが一同に会し、意見交換する場を設けることを目的に始まった同フォーラム。今回は「Como […]
  • 大耳小耳2017年9月30日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』455号が9月に刊行された。《くさめしてとんと一句を忘れけり》(秋枝つね子)を読んで、「ああっ、惜しい。生涯に二度と作れない傑作だったのに」と思ったとか、思わないとか。《消毒の飛機は虹の下くぐる》(笹谷蘭峯)は広大な大豆畑か、とうもろこしか。《味噌汁にして旨かりし […]
  • 大耳小耳2017年9月27日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』312号が8月に発行された。長野県が長寿県である理由として、「働いている高齢者(特に農業者)が多い」「標高が1千メートル上がると男性は2歳長生きする」「自分たちの健康は自分たちで守るという意識が強い」「公民館活動が活発で生涯学習に力をいれている」など […]
  • 大耳小耳2017年9月26日 大耳小耳  ブラジル日本青年会議所(中野マルシア会長)は、創立35周年記念事業の一環として行う「RevitaLiba(東洋街活性化プロジェクト)」に向けて、資金協力を募っている。10月28日午前7時半からは第一段として大掃除運動が行われ、現在、参加者を募集中。同街の住民や商業者、観光客に […]