ホーム | 日系社会ニュース | 日本語教育活性化に期待=JICA日本語教師研修OB会

日本語教育活性化に期待=JICA日本語教師研修OB会

参加した会員の皆さん

参加した会員の皆さん

 2017年度JICA日本語教師研修員OB会(佐藤吉洸代表、中田みちよ代表)の通常総会が3月26日、聖市のブラジル日本語センター大サロンで行われ、会員30人が出席した。
 JICAの研修制度が始まって以来38年の間に、500人余りが研修を受けている。同会は87年に、OBOGの関係の緊密化、後輩の指導、日本語力研鑽などを目的に設立された。
 佐藤代表は「現在も380人の現役教師が地域のリーダとなって活躍しており頼もしい。研修時の新鮮な感激を忘れず、会員相互の絆を更に緊密化させ、日本語教育の活性化に取り組みたい」と挨拶した。
 ブラジル日本語センターの立花アルマンド理事長は、「ブラジルの日本語学習者の減少が続いているが、最近は非日系人の学習者が増加している。OB会は会員のネットワークを生かし、日本語センターとタイアップして、日本語学習者増加に努めてほしい」と挨拶。
 同センター評議員会の小松雹玄会長は、「若い教師達の日本研修希望者が減少を続けているのは非常に残念。OB会は若い教師達の参加呼びかけを行ってほしい」と挨拶の中で要望した。
 会の最後には、小松氏が当会相談役就任要請に、快諾したことを報告。小松氏はJICAサンパウロ事務所、ブラジリア事務所の所長などを歴任している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  聖市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」2018年7月26日 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」  首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。  ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラ […]