ホーム | 日系社会ニュース | 将棋=女流海外招待選手選抜大会=伯国代表の星野さん準優勝

将棋=女流海外招待選手選抜大会=伯国代表の星野さん準優勝

星野さん

星野さん

 第7期リコー杯女流王座戦海外招待選手選抜大会が1、2日の両日行われ、ブラジル将棋連盟(吉田国夫会長)推薦のブラジル代表選手の星野華怜さん(15歳、聖市在住、サンパウロ・ミラソル学園将棋部卒)が準優勝を収めた。
 同選抜大会優勝者は代表選手として、5月20日に開催予定の第7期リコー杯女流王座戦一時予選に出場できる。大会はインターネット対局サイト「81Dojo」で行われ、星野さんはベラルーシ代表選手に決勝戦で惜敗した。
 星野さんは「初戦から決勝までドキドキして指した。今後は、将棋を御指導頂いたブラジル将棋連盟のジェイムス・マン・デ・トレド副会長に感謝しつつ、来年も頑張りたいと思う」とのコメントを寄せた。

こちらの記事もどうぞ

  • バナナ王が成功の秘密講演=稲盛「伯国で日本人の魂を」=盛和塾公開講座に150人2017年7月4日 バナナ王が成功の秘密講演=稲盛「伯国で日本人の魂を」=盛和塾公開講座に150人  盛和塾ブラジル(山田勇次代表世話人)は「第3回盛和塾ブラジル公開講座」を6月23日、聖市のニッケイパレスホテルで開催した。当日はブラスニッカ社創業者で、ミナス州ジャナウーバ市市長を4年間務めた山田勇次さんによる講演が行なわれた。「バナナ王」の経験からビジネスのヒントを […]
  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • 蓑輪さん、和太鼓指導10年=日本で通用するレベルに鍛える=JICAボランティア3回も2017年6月10日 蓑輪さん、和太鼓指導10年=日本で通用するレベルに鍛える=JICAボランティア3回も  JICAシニアボランティアとして3回も派遣され、和太鼓指導にあたってきた蓑輪敏泰さん(69、宮崎県)が6月27日に任期を終え帰国する。10年以上に渡って各地のチームに訪れ続け、和太鼓の普及、レベル向上に尽力した。いわば「和太鼓の父」的な存在だ。蓑輪さんは「まだ課題は残 […]
  • 生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会2016年11月18日 生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会  聖南西教育研究会(西田みどり会長)主催の聖南西お話学習発表会が先月23日、ソロカバ文協会館で行われ、聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市の日本語学校7校が参加した。 […]
  • 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに2016年12月16日 秋の叙勲=在聖管轄の6人に栄誉=晴れやかに伝達祝賀式=社会貢献の意欲あらたに  日本政府による2016年度秋の叙勲の伝達祝賀式が14日午後、在聖総領事公邸で行なわれた。元文協会長の木多喜八郎氏(72、二世)=旭日小綬章=、柔道の元ブラジル代表監督の篠原正夫氏(92、同)=旭日単光賞=らが栄誉に浴し家族ら約50人と共に受章を祝った。 […]