ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ・デ・ジャネイロ州=起業を目指す難民支援プロジェクト=非政府団体のカリタスが第1弾スタート

リオ・デ・ジャネイロ州=起業を目指す難民支援プロジェクト=非政府団体のカリタスが第1弾スタート

 非政府団体の国際カリタスのリオ支部が、リオ州の零細・小企業支援サービス機関(Sabrae)と協力し、起業を目指す難民向けプロジェクトを発足させた。
 5月3日に始まったプロジェクト第1弾は、アンゴラ、コロンビア、ナイジェリア、パキスタン、コンゴ、シリア、トーゴ、ベネズエラの8カ国から来た難民18人が対象で、毎週水曜日に3カ月間、Sabraeで講義を行う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 「ベネズエラはデフォルト」=ブラジルもパリクラブに直訴2017年11月15日 「ベネズエラはデフォルト」=ブラジルもパリクラブに直訴  ブラジル財務省が15日、フランスの経済・財政・産業省財務総局が運営するパリクラブに、ベネズエラは事実上のデフォルト(債務不履行)に陥っていると通達する意向と13、14日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。  ベネズエラの経済状態悪化は様々な形で表出し、ブラジルで難民申請をする […]
  • 「ベネズエラの暴力撲滅を」=法王がコロンビアで訴える2017年9月12日 「ベネズエラの暴力撲滅を」=法王がコロンビアで訴える  フランシスコ法王は10日、訪問先のコロンビアで信徒たちを前に、政治的暴力反対とベネズエラの政治危機解決を願う発言を行った。11日付ブラジル国内紙が報じている。 […]
  • サンパウロ州クンビッカ空港=麻薬押収量が10年で3倍に=最も多いのはコカイン2017年9月30日 サンパウロ州クンビッカ空港=麻薬押収量が10年で3倍に=最も多いのはコカイン  サンパウロ州クンビッカ国際空港で押収される麻薬の量がこの10年で急増していると、29日付エスタード紙が報じている。  今年1~8月に同空港で押収された麻薬は1552キロ(月平均186・6キロ)で、2007年の年633キロ(月平均52・75キロ)の3・5倍(253・7%増)と […]
  • ベネズエラ=ルイーザ元検察員がブラジルへ=メルコスル検察会議に参加か2017年8月23日 ベネズエラ=ルイーザ元検察員がブラジルへ=メルコスル検察会議に参加か  ベネズエラのマドゥーロ政権の反対勢力の一人であるルイーザ・オルテガ元検察庁長官が、同国下院議員の夫と共にコロンビアに逃亡した後、ブラジルに向かっていると21、22日付ブラジル国内紙が報じている。  ルイーザ検察員は、ベネズエラの最高裁が議会の立法権を奪うなどの暴挙に出た3月 […]
  • ベネズエラ元検察長官=メルコスル検察会議に参加=マドゥーロ大統領を批判2017年8月24日 ベネズエラ元検察長官=メルコスル検察会議に参加=マドゥーロ大統領を批判  ベネズエラの元検察長官でマドゥーロ独裁政権から逃亡中のルイーザ・オルテガ氏が23日、ブラジリアで開催中のメルコスル諸国による検察会議に出席し、マドゥーロ政権の現状についての報告を行った。同日付ブラジル国内紙サイト版が報じている。  ルイーザ氏はベネズエラの検察庁長官を解任さ […]