ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人の睡眠時間が減っている?=10年前より平均で30分も

ブラジル人の睡眠時間が減っている?=10年前より平均で30分も

 サンパウロ連邦大学睡眠研究所の調査によると、2016年のブラジル人の睡眠時間は2007年のそれより平均で30分短くなっていると17日付現地紙が報じた。
 同じ人を対象にした調査で、男性は平均して20分間、女性は平均して40分間、睡眠時間が短くなっていたという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ