ホーム | 日系社会ニュース | 交流基金=国際巡回写真展26日から=「東北―風土・人・くらし」

交流基金=国際巡回写真展26日から=「東北―風土・人・くらし」

写真展で展示される小島一郎の作品(提供:国際交流基金サンパウロ日本文化センター)

写真展で展示される小島一郎の作品(提供:国際交流基金サンパウロ日本文化センター)

 国際交流基金サンパウロ日本文化センターとサンパウロ日本文化センターが26日から7月12日まで、サンパウロ文化センター(Rua Vergueiro, 1000)のエスパッソ・フラヴィオ・デ・カルヴァーリョで国際巡回写真展「東北―風土・人・くらし」を共催する。入場無料。
 写真評論家の飯沢耕太郎さん(宮城県)監修のもと、故千葉禎介、芳賀日出男など東北にゆかりのある10組の写真家の作品が123点展示される。
 同写真展は震災発生から1年目に構成され、これまでに中国をはじめイタリアやロシア、メキシコなど30カ国を巡回した。伯国内では聖市をはじめクリチバ、マナウス、レシフェを巡回する予定だ。
 50~60年代の農村や東北各地の民俗儀礼や祭り、東北大震災の被災地、「仙台コレクション」など被災地の状況だけでなく、奥深い東北の魅力を伝えることを目的とする。
 火~金は午前10時~午後8時、土日祝は午前10時~午後6時まで。月曜休館。問い合わせは国際交流基金サンパウロ日本文化センター(11・3141・0843、同・3141・0110)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 国際巡回写真展「東北」は聖市の後、パラナ州クリチバ市のパラナエンセ美術館(Rua Kellers, 289 – Alto São Francisco)で開催される。期間は7月21日~8月13日まで。その後はアマゾナス州マナウス市で8月30日~9月30日(場所未定)、次にペルナンブコ州レシーフェ市のトーヒ・マラコフ(Praca do Arsenal, s/ n)で10月21日~11月12日まで展示される。東北出身で近くに住んでいる人は、足を運んでみてはいかが?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • イベント情報2018年8月9日 イベント情報   EXPOSIÇÃO   HISTORIAS AFRO-ATLÂNTICAS Onde: Instituto Tomie Ohtake (Rua Coropés 88, Pinheiros) De 30/06 a […]