ホーム | コラム | 樹海 | 《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」

《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」

17日夜7時半に公開されたオ・グローボ紙電子版のスクープ記事

17日夜7時半に公開されたオ・グローボ紙電子版のスクープ記事

 17日夜7時半、テメル政権に致命的な激震が走った。JBS社主兄弟の司法取引供述に、「ジャブル官邸で今年3月7日、テメル大統領が兄弟に、エドゥアルド・クーニャ元下院議長が司法取引に応じないよう裏金を渡し続ける工作を相談している様子を録音したもの」が含まれているとオ・グローボ(G)紙サイトに暴露されたのだ(詳細は本紙2面で)。17日夜8時台のジョルナル・ダ・グローボのTVニュースからそのスクープで持ちきりになり、「この内容が本当であればテメル政権はもうお終いだ」とどのTV局ニュースの評論家も口を揃えた▼誰もが「テメルの身が潔白であるとは思わないが、彼を来年まで続けさせて財政再建をさせ、その上で来年の選挙で怪しい奴を全て落とすしかない」という諦め含みの気持ちだったのが、再び「奈落の底」に大穴が開いた。最近ようやく上向き加減かと思われる経済数値のニュースに一喜一憂していたさなか、とんでもない爆弾が破裂した。今回は現役大統領を直撃する超メガトン級だ▼

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 有料会員登録はお済みですか? 有料会員登録について

こちらの記事もどうぞ