ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も」という人は多い。そんなときは《とり合えず取るセルベージャああ美味い》と続けるのも楽しい。《健康でいる幸せを病んで知る》(上地花子)は骨身に沁みる作品。《飽食で病んで粗食に金をかけ》(荒井花生)も「その通り」と膝を叩く傑作か。《飽食に病んで金かけ汗をかく》もいいかも。
     ◎
 会報『京都らてんアメリカ』第6号(京都ラテンアメリカ文化協会、京都府所在)がたまたま編集部にまわって来た。「京都」と「ラテン」という組み合わせが不思議だとおもってパラパラ見ていたら、京都外語大の教授陣が多く、なるほどと納得。ポ語やスペイン語学科があり、人材は豊富。しかも聖市文協の呉屋春美会長の訪問記事まで掲載されていた。思えば、当地にもブラジル京都会がある。古めかしい伝統のイメージが強い古都だが意外に「近い」存在かも。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年3月17日 大耳小耳  JICAボリビア通信「高いところから失礼します!!」20号では、興味深い「謎解き」をしている。《ボリビアには、夜になると開店(出現)する屋台「アンティクーチョ」屋さんがあります。アンティクーチョとは、牛の心臓、つまりハツを串刺しにして炭火で焼いたものです。そのハツに辛いソース […]
  • 大耳小耳2018年2月21日 大耳小耳  コロニアのカラオケ業界の風紀に乱れか――。先日、新聞社を訪れたカラオケ愛好者らしき上品なご婦人が突然、「男女間の交際に関して節度が失われてきている」と昨今の同業界のことを嘆き、「紙面で注意を呼びかけて欲しい」と訴えた。本当にカラオケ業界なのか、それともカラオケ・ダンス業界なの […]
  • 大耳小耳2018年2月28日 大耳小耳  22日付ポ語ニュースサイトによると、伯国の映画配給会社「サトウ・カンパニー」(佐藤ネルソン代表、聖州バルエリ市)がブラジル日本移民110周年を機に、伯国で最も有名な日本の特撮ヒーロー「ジャスピオン」の映画を制作することになったと発表した。すでに東映株式会社から制作許可を得てお […]
  • 大耳小耳2018年2月9日 大耳小耳  昨年、各回200人を超える盛況ぶりで幕を下ろしたブラジル漫画協会と三重県人会共催の「日本の歴史講座」。好評を受けて、本年も全9回の講座が開講されることが決定した。第1回目は3月17日午前9時から、聖市の同県人会で開催される。同漫画協会の佐藤フランシスコ紀行会長によれば「武士へ […]
  • 大耳小耳2018年2月10日 大耳小耳  「ニッケイ新聞も〃ラーメン戦争〃に参戦か?!」――というのはあくまで冗談だが、本紙編集部では特別にラーメン7種類(半生麺タイプ)の特価販売を始める。先日特価販売したのと同じ五十嵐製麺の商品で、1個8レアル。ただし3個なら、なんと特価20レアルだ。ラーメン専門店なみの本物の味が […]