ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに

《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに

記者会見で音声データ改ざんの可能性を上げ、捜査停止を求めたテメル大統領(José Cruz/Agência Brasil)

記者会見で音声データ改ざんの可能性を上げ、捜査停止を求めたテメル大統領(José Cruz/Agência Brasil)

 【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DEM)は大統領に対する捜査継続の是非を審理する24日の最高裁の判断を待つ意向と22日付現地紙が報じた。
 最高裁は24日、ジョエズレイ容疑者が提出した音声データに関する鑑識結果が出るまで、大統領に対する捜査を中止するか否か話し合う。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ