ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》テメル大統領が捜査中断要請取り下げる=捜査続行は不可避だと判断し=音声データは証拠不採用になると見越す=経済政策で〃加点〃を狙う

《ブラジル》テメル大統領が捜査中断要請取り下げる=捜査続行は不可避だと判断し=音声データは証拠不採用になると見越す=経済政策で〃加点〃を狙う

下院議長公邸で与党の下議たちと会合を持つテメル大統領(Alan Santos/PR)

下院議長公邸で与党の下議たちと会合を持つテメル大統領(Alan Santos/PR)

 【既報関連】17日の〃JBSショック〃以降、政権発足以来最大の危機に直面しているミシェル・テメル大統領(民主運動党・PMDB)が22日、20日に最高裁に提出した自身への捜査中断要請を取り下げたと23日付現地各紙が報じた。

 テメル大統領側が20日に行った要請は、JBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者が報奨付供述で証拠として提出した、同容疑者とテメル大統領の会話を録音した音声データの鑑定が終わるまで、捜査を中断するというものだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ