ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下

サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下

 サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。
 同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関して出されたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ