ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に

ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に

ブラジリアのW杯スタジアム、マネ・ガリンシャ(Rui Faquini/ME/Portal da Copa、26/04/2014)

ブラジリアのW杯スタジアム、マネ・ガリンシャ(Rui Faquini/ME/Portal da Copa、26/04/2014)

 連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。
 同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元知事と後任のアギネロ・ケイロス元知事、タデウ・フィリペリ元副知事が逮捕された。また、3人の私有財産2600万レアルも凍結された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ