ホーム | 文芸 | 刊行 | 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も

『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も

表紙

表紙

 西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。
 5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追悼集だ。60年以上に渡る宮尾さんと古庄雄二郎さんの親交について書いた中島宏氏の「刎頚の友」、そのほか早川鉄三さん、古杉征己さんらによって故人との思い出が綴られている。
 「コネ、ネットワーク、縁」(古杉征己)では、ブラジル社会をスムーズに生きぬく術としての「コネ」に触れつつ、「ネットワーク」、「縁」という形を変えた人とのつながりについて論を展開する。
 「音楽幾山河」(峰村正威)では、『上を向いて歩こう』の作曲で著名な中村八大と同級生だった少年時代の思い出がかかれている。
 先生がレコードをかけ、感想を求めたとき、マーチ風のリズムの速い曲に級友たちが「勇ましい曲です」と答える中、中村だけは「悲痛な曲です」と言ったという。先生が読み上げた曲名は『悲愴交響曲』―。子供時代から鋭かった中村八大の音楽センスが分かる実話エピソードだ。
 その他、西風会メンバーによる座談会「日系社会の将来」などを収録。希望者は中島宏さん(電話=11・3106・2009、メール=nakashima164@gmail.com)まで連絡を。送料も西風会が負担し、無料配布している。

こちらの記事もどうぞ

  • □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く2017年5月20日 □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く  【本の要旨】  「日本人」という民族を観察するのに、移民をその「試験台」に活用できるのではと常々思っている。  私の前任者・吉田尚則元編集長からは「移民は壮大な民族的実験だ」と聞かされてきたことも影響している。  「日本社会の一部をすくい出して、ヨーロッパ文明を […]
  • 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も2018年5月12日 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も  サンタクルス病院(石川ヘナト理事長)は開院79周年と日本移民110周年を記念して、『詩集 皇族の短歌』の刊行した。130首を日ポ両語で収録している。  日伯修好120周年を迎えた2015年に天皇皇后両陛下の短歌120首を収録した詩集を刊行していて、今回はそれに他の皇 […]
  • 梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月2018年4月12日 梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月  梅崎嘉明さん(95、奈良)がエッセイ「老人日記」を発刊した。全207ページ。刊行数は100冊、日毎叢書企画出版。  梅崎さんの日記を読んだ友人から「おもしろいから本にしたら」と書籍化を勧められ、2016年5月から昨年12月までの日記をまとめた。 […]
  • 明治維新を世界史から読み解く=『日本文化』7巻、販売開始=龍馬の生涯、ポ語で初詳述2018年3月30日 明治維新を世界史から読み解く=『日本文化』7巻、販売開始=龍馬の生涯、ポ語で初詳述  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は21日、『日本文化7~明治という時代~』を刊行した。今年は明治元年(1868)から150年目の節目の年。同書では人気メルマガ『国際派日本人養成講座』の著者である伊勢雅臣氏の論説を中心に、植民政策を推し進める当時の欧米諸国の動きから、 […]
  • 「歴史曲げることできない」=山本賞記念誌の誤り糺す本=ピエダーデの西尾夫妻刊行2018年3月15日 「歴史曲げることできない」=山本賞記念誌の誤り糺す本=ピエダーデの西尾夫妻刊行  記念誌『山本喜誉司賞の歩み』(同賞記念誌編纂委員会編、2009年)の記載内容に異議申し立てをしていた西尾之(故)・章子さん(ピエダーデ在住)夫妻が、同編纂委員会に7年の間に送った抗議文、委員とのやり取り文書、邦字紙に掲載された関連記事やコラム、同記念誌の誤認事項やそれ […]