ホーム | 文芸 | 刊行 | 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も

『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も

表紙

表紙

 西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。
 5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追悼集だ。60年以上に渡る宮尾さんと古庄雄二郎さんの親交について書いた中島宏氏の「刎頚の友」、そのほか早川鉄三さん、古杉征己さんらによって故人との思い出が綴られている。
 「コネ、ネットワーク、縁」(古杉征己)では、ブラジル社会をスムーズに生きぬく術としての「コネ」に触れつつ、「ネットワーク」、「縁」という形を変えた人とのつながりについて論を展開する。
 「音楽幾山河」(峰村正威)では、『上を向いて歩こう』の作曲で著名な中村八大と同級生だった少年時代の思い出がかかれている。
 先生がレコードをかけ、感想を求めたとき、マーチ風のリズムの速い曲に級友たちが「勇ましい曲です」と答える中、中村だけは「悲痛な曲です」と言ったという。先生が読み上げた曲名は『悲愴交響曲』―。子供時代から鋭かった中村八大の音楽センスが分かる実話エピソードだ。
 その他、西風会メンバーによる座談会「日系社会の将来」などを収録。希望者は中島宏さん(電話=11・3106・2009、メール=nakashima164@gmail.com)まで連絡を。送料も西風会が負担し、無料配布している。

こちらの記事もどうぞ

  • □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く2017年5月20日 □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く  【本の要旨】  「日本人」という民族を観察するのに、移民をその「試験台」に活用できるのではと常々思っている。  私の前任者・吉田尚則元編集長からは「移民は壮大な民族的実験だ」と聞かされてきたことも影響している。  「日本社会の一部をすくい出して、ヨーロッパ文明を […]
  • 広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』2017年9月26日 広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』  元暴走族総長という異例の「肩書」を持つやり手弁護士、真行寺悟を主人公にした長編書下ろしサスペンス、シリーズ第2弾『空白の絆』(麻野涼、文芸社文庫)が8月に刊行された。個性的な登場人物によるスピード感あふれる展開で、意外な事実が次々に明らかにされ、一気に読ませる小説にな […]
  • ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行2017年9月21日 ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行  『ブラジル日系文学』第56号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に発行された。  今号から新たに取り入れられたのがポ語漫画。豊島与志雄の『天狗笑い』をポ語訳したものが掲載され、大変好評という。自然豊かな村を舞台に子供たちが人間の格好をした天狗と無邪気に遊ぶ […]
  • 〃8人の侍〃荒木さんが本=ダム人生をコラムで綴る2017年8月16日 〃8人の侍〃荒木さんが本=ダム人生をコラムで綴る  イタイプーダム建設を救った〃8人の侍〃の一人、荒木昭次郎さん=ミナス州ベロオリゾンテ在住=が、コラム集『ブラジルのダムと五十年』(日毎叢書企画出版)を7月に刊行した。  2011年から『楽書倶楽部』に投稿してきた30本をまとめたもの。この8月で渡伯55周年になる荒木 […]
  • マナウス句会、句集発行=老若男女が精力的に活動2017年7月28日 マナウス句会、句集発行=老若男女が精力的に活動  西部アマゾン日伯協会(錦戸健会長)マナウス句会が「句集マナウス」の第32号を発行した。  本句集は年に1度発行されており、毎月の句会の入選句を掲載。アマゾンの情景を詠んだ「ジャングルの 隙間にブルー 秋高し」(河原タカ)や、中学生がアマゾンの祭りを詠んだ「ボイブンバ […]