ホーム | 文芸 | 刊行 | マナー紹介と『日本小史』復刊=栗原さん日本を学ぶ本2冊発行

マナー紹介と『日本小史』復刊=栗原さん日本を学ぶ本2冊発行

『Convivio Social - Cultura Japonesa - Regras Basicas para Boa Ralacoes』表紙

『Convivio Social – Cultura Japonesa – Regras Basicas para Boa Ralacoes』表紙

『Pequena HISTORIA DO JAPAO(日本小史)』表紙

『Pequena HISTORIA DO JAPAO(日本小史)』表紙

 『Convivio Social – Cultura Japonesa – Regras Basicas para Boa Ralacoes』(栗原章子・菊池渡共著)と『Pequena HISTORIA DO JAPAO(日本小史)』(栗原章子・西澤紘子共著)の2冊が出版された。
 『Convivio Social』は、日本文化に対する疑問を解決するために基本的な行動やマナーを一冊にまとめもの。日伯文化連盟(アリアンサ)で30年以上、日本語教師を務めた栗原さんならではの視点や体験が活かされている。
 共著者の菊地さんは「当地で香典をもらった際のお返しをどうすればよいのかなどを気にする人は多い。日本での基本的な行動、習慣を学ぶ助けになれば」と話した。
 『Pequena HISTORIA DO JAPAO』は日本の歴史について日ポ両語で紹介する。09年に出版されていったんは絶版に。再販を希望する声が多かったため、今回改定版を発行した。旧版の内容に加え、年表や日本人移民史、同時代のブラジルの歴史が追加されている。
 栗原さんは「漫画や歴史ドラマを見る人を想定して書いた。漢字には振り仮名が付いているので、幅広い人に手にとって欲しい」と呼びかけた。リベルダーデ区の各日系書店で取り扱っている。『Convivio Social』は25レアル。『Pequena HISTORIA DO JAPAO』は40レアルから。

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行2017年9月21日 ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行  『ブラジル日系文学』第56号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に発行された。  今号から新たに取り入れられたのがポ語漫画。豊島与志雄の『天狗笑い』をポ語訳したものが掲載され、大変好評という。自然豊かな村を舞台に子供たちが人間の格好をした天狗と無邪気に遊ぶ […]
  • 刊行=マンガで学ぶ東洋の知恵=「Mestres do Oriente」2014年1月23日 刊行=マンガで学ぶ東洋の知恵=「Mestres do Oriente」 ニッケイ新聞 2014年1月23日  東洋思想の普及を目ざすサトリ出版社(Editora Satry)が18日、漫画『Mestres do […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く2017年5月20日 □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く  【本の要旨】  「日本人」という民族を観察するのに、移民をその「試験台」に活用できるのではと常々思っている。  私の前任者・吉田尚則元編集長からは「移民は壮大な民族的実験だ」と聞かされてきたことも影響している。  「日本社会の一部をすくい出して、ヨーロッパ文明を […]