ホーム | 日系社会ニュース | なぎさ会が45周年祝う=旧南銀関係者ら180人集まり=合併時の閉会危機乗り越え

なぎさ会が45周年祝う=旧南銀関係者ら180人集まり=合併時の閉会危機乗り越え

伝田会長(中央、白いスーツ)と長寿表彰者の皆さん

伝田会長(中央、白いスーツ)と長寿表彰者の皆さん

 旧南米銀行関係者の懇親団体である「なぎさ会」(伝田英二会長)は3日、聖市のなぎさ会会館で「45周年記念懇親会」を開催した。野村アウレリオ聖市議や宮坂国人財団の西尾ロベルト義弘理事長も参加し、シュラスコや歌謡ショーなどを約180人の参加者が楽しんだ。

 伝田会長は冒頭挨拶で「会員・協力者のおかげで45年も続けることができた」と謝意を示し、「ここに来れば様々な習い事や活動がある。退職後も明るく、楽しくという創設時からの目的を果たせている」と話した。
 来賓の野村アウレリオ聖市議は「連邦議員であった私の父(故野村丈吾氏)は南銀と関係が深かった。ここでは父の知り合いと会えるので嬉しい」と挨拶した。その他、羽藤ジョージ聖州議と息子のジェオルジ聖市議の代理として小園江オリンピオ氏、宮坂国人財団の西尾ロベルト義弘理事長が祝辞を述べた。
 80歳(傘寿)、88歳(米寿)、90歳以上の会員13人の表彰も行なわれ、最高齢の長谷川まさふみさん(96)はしっかりとした足取りで贈呈品を受け取った。
 副会長を務めるカネガエ・エレーナさん(66)は「今日のためにお菓子作りなど3日前から準備に取り掛かった。予想よりたくさん集まった」とほほえんだ。南銀時代の思い出として「66年、15歳から働いていた。自分が一番若かったから周りのみんなに優しくしてもらった」と当時を振り返った。
 「98年に吸収合併されてなくなったとき、なぎさ会もなくそうって話があった」と明かし、「でも『なぎさ』の波のように退職者たちにゆったりと老後を過ごして欲しいという思いがあったから、皆で会費を出し合って存続することにした」と話した。各地にいる南銀関係者に連絡を取り、約800人の支援を得たという。
 現会員数は当時の半分の400人ほど。「一時は会館を拡大してプールを造る話もあったけど、会員は減る一方だから取りやめた。皆が癒される環境を少しでも長く残すことのほうが大事」と語った。5年後の50周年に向けて記念誌作成も検討しているという。
 同会経営審議会会長の松尾治さん(79、福岡県)は59年入行。出向先の旧南米安田保険(現Sompo Seguros)も含めると43年間も勤め上げた。「なぎさ会は当時の同僚の集まり。毎月の懇親会にも参加している。他の団体では人が減って落ち込んでいる中、ここは別。できる限りこのまま続けたい」と希望を語った。
 歌手の宮村はるみさんらによる歌謡ショーやカラオケが行なわれ、終始賑わいを見せた。

こちらの記事もどうぞ

  • レジストロ=入植百周年誌を刊行=半世紀振りの編纂に2017年12月8日 レジストロ=入植百周年誌を刊行=半世紀振りの編纂に  レジストロ日伯文化協会(福澤一興会長)は、「日本人植民地百周年誌―イグアッペ、レジストロ、セッテ・バーラス」を刊行した。先月21日、同会館で刊行式が催された。  伯国最初の日本人植民地として開設されたイグアッペ植民地の百周年記念事業の一環として、刊行されたもの。百周 […]
  • 日伯文化連盟=ピニェイロス文化センター開所=新たな日本文化の殿堂に=講堂や料理など各種10教室2017年8月3日 日伯文化連盟=ピニェイロス文化センター開所=新たな日本文化の殿堂に=講堂や料理など各種10教室  ピニェイロス区に新たな日本文化の殿堂が誕生――2014年から進められていた日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)の「ピニェイロス文化センター」が29日、ついに開所した。同文化センターで開所式が行われ、約250人が駆けつけた。約750平米の敷地内に収容人数100人の […]
  • 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢2017年11月25日 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢  アリアンサ(日伯文化連盟、大城幸雄理事長)は、慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏を招聘し『日本、韓国、北朝鮮を取り巻く政治経済情勢』をテーマに講演会を17日、ピニェイロス文化センターで開催した。同連盟61周年記念事業の一環。会場となった同センターの宮坂国人講堂には約100人 […]
  • 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で2016年12月2日 日伯の研究者が人文研に=後進研究員を養成する事業で  サンパウロ人文科学研究所は移民研究者不足の解消や後進育成を目的に、柴田寛之さん(36、埼玉県)=米ニューヨーク市立大学=とアルフレッド・ジョルジ・ヘッセ・ガルシア・ネットさん(28、パラー州)=サンパウロ州立総合大学(USP)=という日伯の大学院生を1年間、「専任研究員」 […]
  • 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め2016年11月26日 文協がポ語大作の刊行祝う=日伯の基盤強化に願い込め  昨年の外交120周年を記念し編纂されたポ語書籍「インテルカンビオ・クルトゥラル・ブラジル・ジャポン」の刊行を記念し、文協ビルの移民史料館で17日、出版祝賀会が行なわれた。  同書は日伯両国の更なる関係強化を願い文協から上梓された労作で、全32章からなる。文化を広義的に捉 […]