ホーム | コラム | 樹海 | 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(下)

《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(下)

全盛期の賑やかなブラジリアンプラザ。ブラジル人バンドのライブ演奏(1996年12月撮影)

全盛期の賑やかなブラジリアンプラザ。ブラジル人バンドのライブ演奏(1996年12月撮影)

 日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長の話を聞き、「在日日系人の多くは、ブラジルの貧困層を日本に再生産しているだけ」という部分があると痛感した。デカセギブームが始まった90年代前半、「先進国日本に行くんだから、連れて行った子供もブラジルより良い教育が受けられるはず」ぐらいの楽観的な気分だったが、約30年経った現在、それが「単なる幻想」だったことは明らかだ▼日本レベルの教育が受けられるのは、日本人とごく一部の外国人だけ。単純労働者として入った外国人の子供が、公教育に適応して社会上昇することは、よほど親子共に頑張らない限り難しい。林さんに「日本の産業界では、長期滞在できる日系人を、他の短期滞在外国人の上に立つ中間管理職として登用したり、熟練工に育てて日本人の後継者的な存在にする場合も出てきているのでは」と質問すると、「そういう人もいるが少数」という厳しい答えだった▼林さんは「多くのブラジル人は『流動層』として産業界から〃重宝〃されている。というのも技能実習生は同じ職場で働く制限があるから、人手の需要の変動に応じてあちこちに移動させられない。ところが日系人は需要に応じてホイホイと便利に使える。だが50代半ばになれば、そんな仕事もなくなる」と説明した。残酷な現実だ▼工場の単純労働以外、たとえば長距離トラックの運転手や熟練工の仕事にも日系人は就き始めている。だが、その多くは産業のロボット化によって、近い将来なくなる仕事と見られている。だから日本人の若者がやりたがらない。そこで流動的で便利な日系人に頼る。悲しいことに、日本産業界はそんな残酷な仕組みになっているらしい▼ブラジリアンプラザ設立趣意書は、日系人高齢化問題も指摘する。《日本の日系ブラジル人社会には「老い」の現実が迫っています。今後60歳以上の人は毎年2000人増となり、5年後には毎年2500名ほどが仕事人生をリタイヤ(退職)していきます。その多くが厚生年金や国民年金の満額受給期間は加入していません。働く人生を終えた後、彼らは健康寿命が約15年間、介護寿命が5~6年間、そして要介護の状態で0・6年間という気の遠くなるほど永い余生を過ごす。そんな在日日系人の大多数が人生の最後を日本で迎えることとなりそうです》。恐ろしい未来予言だ▼林さんは「現在一番人数が多い年齢層は40代後半、すでに10~20年既に働いている日系人だ。彼らの仕事は50代半ばまでで、60歳までは難しい。先がないにも関わらず、彼ら自身に危機感が薄い」と明かした。「いずれ彼らのための老人ホームが必要になる」とも。だがタダの施設はない…▼さらに林さんは《日系人の老いも、非正規化も家族の分断も止まることはありません。必要とされる社会インフラもブラジル日本文化福祉協会、サンパウロ日伯援護協会のような社会連帯、経済団体そして福祉を目的とする団体はありません》と当地と比較する▼横浜に「海外日系人協会」があるが、外務省の外郭団体で、外国在住の日系人と日本政府をつなぐ存在だ。不思議なことに、外務省は国外で日系人を支援する姿勢を保ち続けてきたが、同じ日系人が日本国内に入って管轄が通産省、厚労省、文科省等になった途端に「使い捨て人材」にされてしまう▼海外日系人協会は今後、省の枠を超え、国内向きの日系代表団体の役割を強めるべきではないか。デカセギ第2世代を日本産業界の将来の国際戦力、多文化人材として育て上げる方向性を強めるべきだと思う。ブラジル側日系団体もその方向に向け、日本政府に圧力をかけていい▼一つ考えるべきは、何が「日本の国益か?」という問題だ。「日本を将来的に支える多彩な人材を育てること」こそが、グローバル化時代の「国益」ではないか。であれば、日本国籍でない子ども達にも日本人同様の教育機会を与えてもいいはず。この動きはきっと、東京ではなく地方から始まる気がする。(深)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • バイリンガルの育て方=(下)=日本側のポルトガル語教育の場合2017年9月5日 バイリンガルの育て方=(下)=日本側のポルトガル語教育の場合  在日ブラジル人子弟の母語形成は、家庭内のポ語と公立学校に入学してからの日本語と二段階あり、複雑だ。デカセギである親は工場の残業に忙しく、子供にかまってやれない。だが、子どもは家庭で親から生活知識から倫理までを情感たっぷりに、豊富な語彙で教わる必要がある。  デカセギ […]
  • 《ブラジル》新しい研究プロジェクトに大いに期待2017年8月29日 《ブラジル》新しい研究プロジェクトに大いに期待  週末に開催された「南米日本語教育シンポジウム2017」を取材して、いろいろ考えさせられた。特に「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(H28―32科研費、代表=松田真希子・金沢大学)という大きなプロジェクトが始まっていると聞き、調査される側として実に […]
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)2017年6月6日 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)  「35歳でオバアチャンっていうのが、あちこちにいるんだよ」――日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長が先月末に来社した折り、日本のデカセギ事情を聞いている最中に、そう言われて頭を抱えた。つまり、17歳ぐらいで出産を二世代に渡って繰り返している▼将来のことを深く考えずに […]
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提2017年5月12日 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提  11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世 […]