ホーム | 連載 | 2017年 | 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩 | 『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(17)

『百年の水流』開発前線編 第三部=リベイラ流域を旅する=外山 脩=(17)

 フランコさん

フランコさん

フランコさん

 レジストロの郊外でバナナ園を営む大矢フランコさんは、2012年7月、筆者が初めて会った時、80代の半ばであった。
 が、毎日、早朝に起床、自分で車を運転して90ヘクタールの農場を見回り、仕事の段取りを35名の労務者に指示、BR116を大型カミニョンが前後を疾走する中、100キロくらいで飛ばして8キロ離れた市街地に出かけ、文協に寄ってサンパウロから届く邦字紙を受け取り、ルアでオ・エスタードを買い、時々ライオンズ・クラブに顔を出す──という壮健さであった。
 筆者は、その農場を車で案内して貰った。バナナの樹林がどこまでも続いていた。「10万本あるが、リベイラでは中くらいの規模」だという。
 ほかに牛を放牧、パルミット・ププーニャを栽培していた。
 途中、4キロの堤防を通った。道幅は4メートル、高さは4~6メートル、底辺は12~20メートル、大きな排水口も設置してあった。しかも堤防は延長中という。個人の農場としては大工事である。
 この土地を1975年に買った時、4メートルの竿を突き刺すと、手元までズブリと埋まった。近くに自然のままの川が流れており、湿地帯になっていたのだ。水害の虞があり、堤防を築いた。
 が、2008年に大雨で決壊、当時あったバナナ樹5万本の過半を失った。
 フランコさんには「高収益を上げる‥‥つまり上手なバナナ作り」という世評がある。当人も筆者に収支を明かしてくれたが、世評通りの内容であった。
 無論、一朝一夕に、そこまで達することができたわけではない。
 1928年、前出のペドロ・トレードの邦人集団地で生まれた。ファミリアは米作りをしていたが、7年不作が続き、西隣りのペドロ・バーロスへ移ってバナナの歩合作に転じた。
 それを子供の頃から手伝い、房を収穫し手押し車で川岸まで運び、船に積み込んだ。ファミリアは、これで少し資金をつくり、セッテ・バーラスに20ヘクタールの土地を買って移り、バナナ園を自営した。
 青年期、父親と意見が合わず家を出、ポルト・アレグレへ行き、その近郊で野菜作りをした。そこには10家族くらい日本人が居たが、なんと、半分は(他所の土地からの)夜逃げ組だったそうである。
 ここは半年ほどで切り上げ、サンパウロに移り戦勝派の昭和新聞で発送係をした。社長の川畑三郎は(世間が今日も抱いているイメージとは違って)学者肌の人だったという。給料は出なかったが、飯だけは食わしてくれた。当時は未だそんな職場が多かった。
 次いでカンタレイラ街にあった市営市場(いちば)、通称メルカードの魚屋で働いた。暫くして市場側から話があって、自分でバンカ=売り場=を預かり、青柳(当時の代表的な料亭)で使う魚を一手に受注した。
 音楽家を志し、上村楽団でアコーデオンやギターを習った時期もある。が、音楽では飯が食えないことが判り、セッテ・バーラスに戻って再びバナナを作った。その内(1960年代後半から)政府が農業融資に力を入れ始めたので、それを利用した。
 市況も良く、儲けで買ったのが現在の農場の土地である。1981年、インフレの無気味な高騰を見て(危ない)と感じ、融資の利用を止めた。
 これで──多くの農業者が巻き込まれた──危機を回避した。が、1994年、所属していたコチア産組の瓦解で、預金の半分を失ってしまった。
 南銀の身売りでも損害を被ったが、金額が小さかったので放置したという。
 「バナナは通算70年近く作っている。今では楽しみでやっており、死ぬまで続けるつもり」とフランコさんは微笑していた。が、同時に、こういうことも言っていた。
 「リベイラのバナナ作りは、年々難しくなっている。クストが上昇、資本力の無い人は続けられず、やめて行く。それを資本力のある人は待っている。全体的な生産量が減れば、バナナの値が上がるからだ。技術力のない人も消えて行く」
 技術については、フランコさんは長い経験の中で、まず苗を見ただけで、いつ出荷できるか見抜く目を養った。
 さらに市況の良い1~6月に出せる様に、苗の成長を調節する方法を見つけた。芯を止めて新しい芽を出させるという方法である。
 「コロンブスの卵のようなものだった」そうだが、これに慣れるまでに長い時間がかかった。2、3メートルになっている苗を大量に駄目にしたこともある。
 筆者は、この人と接していて「年季の入ったバナナ作り」という印象を受けた。

 強盗、来れば闘う

 そのフランコさんが、気を配っていたのが、強盗である。
 いつもカルサの後ろのボルソに小さな拳銃を入れており、車の中にも中型の拳銃を、家の中にはソファーの隙間に大型の拳銃、別の目立たぬ処にはライフルを‥‥という具合だった。
 「強盗に襲われる危険は常にある。襲って来れば闘う」と、平然たるものであった。
 射撃に関しては、若い頃、狩猟クラブに入って腕を磨いたという。1964年‥‥つまり50年近く前、まだ30代のことだが、友人の警官から「警察だけでは、手に負えない」と応援を求められ、バンジードの逮捕に同行した。二人倒した。命はとらず、足を撃ち抜いた。
 「現在まで襲われたことはないが、注意はしている。ラドロンは、狙う農場に仲間をカマラーダとして潜り込ませ、内部を探った後、やってくる」と、警戒怠りない様子であった。
 2016年11月、筆者はフランコさんのその後を知るため、電話をしようとした。が、本人が難聴であることを思い出し、レジストロの文協に訊いてみた。今も元気で新聞を受け取りに来る、という。
 ただし二日に一度に減っている由。これは体力の衰えによるものではなく、新聞の到着が二日に一度になったため。歳は、もう90に近い筈だ。
 こういう味のある人には、達者で長生きして貰いたいものである。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(499)=上妻博彦 選2015年10月29日 ニッケイ歌壇(499)=上妻博彦 選 サンパウロ  武田 知子 はるばると六百キロのバスの旅春泥の中弓場の土踏み 稚鴎師の百歳祝いにボーロ切る姿は凛々とまぶしかりけり 弓場の里稚鴎師迎え百歳も六歳の子もなごやかな句座 散策に果てなく続く鈴成りの垂れしマンガは未だ熟れかね ふくろうも蛙も鳴きてカナブンの飛び […]
  • 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木2016年11月5日 第46回県連故郷巡り=悠久と躍動の北西パラナ=(6)=何気ない朝食でアントニオ猪木  翌朝10月1日(土)にホテルで、朝食中に参加者の笹島弘美さん(78、プレジデンテ・プルデンテ生まれ、二世)、妻のローザ・トコヨさん(72、アサイ生まれ、二世)に、ウマラマ日伯文化体育協会との交流会の感想を聞いた。  夫の弘美さんは「立派な会館で驚いたし、婦人部の食事も美 […]
  • 2015年1月21日 特別寄稿=心配なサンパウロの水事情=貴方の家の水は大丈夫?=駒形秀雄  暑いですね。こう暑いと何だかこうおっくうになり、面倒なことはつい「後で又」となってしまいます。ボンヤリとテレビなどを眺めていると、新しくサンパウロ州水道公社(SABESP)の社長になった人が話しています。「最近の雨にも拘わらず、水不足は深刻である。このような降雨状態がこれ […]
  • 2009年5月13日 神谷市議めぐる「豪邸報道」=メディアに釈明文書送付=「違法性はない」と主張 ニッケイ新聞 2009年5月13日付け  昨年十月の統一地方選で四度目の当選を果たした神谷牛太郎サンパウロ市議(DEM)に資産の申告漏れがあったとして、各メディアによって報道された。神谷市議が選挙高等裁判所に対し、聖北セーラ・ダ・カンタレイラにある邸宅を申告していなかった […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]