ホーム | 日系社会ニュース | 伊東/イトゥー市交流進む=提携の実現に向け、桜植樹

伊東/イトゥー市交流進む=提携の実現に向け、桜植樹

左から坂和さん、カッツォーラ市長、福井さん

左から坂和さん、カッツォーラ市長、福井さん

 姉妹都市提携実現に向けて動く静岡県伊東市とサンパウロ州イトゥー市の友好親睦を目的に、「伊東市・イトゥー市友好交流協会」のメンバーらとギリェルメ・カッツォーラ市長が市役所の前庭で、交流の記念として5本の伊東小室桜の植樹を行った。
 6日に来社した日本大学国際関係学科の福井千鶴教授と坂和三郎さんに話を聞いた。植樹に加えて記念プレートの開幕も行なわれ、福井教授とカッツォーラ市長の名前が記入された。
 「市の名前の発音が似ている」という理由で、2014年5月に佃市長とアントニオ・トゥイーゼ前市長の親書交換によって交流が始まった。同友好交流協会は2015年3月に設立以来、姉妹提携の実現を目指し、友好活動に取り組んでいる。
 福井教授は今後の交流活動として。伊東市の子どもたちをイトゥー市に短期派遣するなど考えている。「イトゥー市の人々に日本文化についてもっと知ってもらい、また、日本人の子どもたちにポ語の重要性を伝え、両市の交流関係を深めたい」と期待した。
 日本大学OBの坂和さんは同友好交流協会の活動について、「このような関係ができて嬉しい」と一言。「両市の子ども達の国際感覚を養うことにも繋がる。ますます活動が盛んになることを期待する」と微笑んだ。

こちらの記事もどうぞ

  • USPの安楽さんが初訪日=聖市大阪の姉妹都市交流で2017年3月23日 USPの安楽さんが初訪日=聖市大阪の姉妹都市交流で  1969年から姉妹都市関係を結ぶ聖、大阪両市の交流事業として、サンパウロ大学デザイン部に通う安楽香織カチアさん(21、四世)が先月14日から約2週間、親善大使として訪日した。大阪・サンパウロ姉妹都市協会主催。  安楽さんは生まれも育ちも伯国。教育熱心な両親の方針でポ語よ […]
  • 特異な日語能力の生粋四世=大阪聖市交流で初訪日2017年2月15日 特異な日語能力の生粋四世=大阪聖市交流で初訪日  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)による招待で、サンパウロ州立総合大学デザイン科に在籍する安楽カチア香織さん(21、四世)が、約2週間の研修の機会を獲得し、出発の直前に来社して意気込みを語った。  昨年に開催された日本語センター主催の第10回弁論大会で、優秀賞 […]
  • 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国2017年3月9日 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国  独立行政法人国際協力機構(JICA)は21日、聖市ニッケイパレスホテルで「2015年度派遣現職教員ボランティア帰国報告会」を開催し、3月に帰国予定の6人がポルトガル語で発表を行った。  清水丈嘉さん(ブラジリア学園)は「授業内容がほとんど決まっていた日本とは違い、伯国で […]
  • 大阪聖市姉妹都市の親善大使=大嶋さん来伯、援協等視察2016年9月7日 大阪聖市姉妹都市の親善大使=大嶋さん来伯、援協等視察  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に主催した「第6回ポルトガル語スピーチコンテスト」の優勝者・大嶋敦志さん(36、東京都)が、親善大使として先月25日に来伯した。15日まで援護協会や憩の園、ユバ農場などを訪れ、ファベーラのモンテ・アズールで聞き取り調査、ボ […]
  • パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出2017年2月3日 パラナ日伯連合会=「もう一度、大祭典を開く」=110周年実行委員会が発足=総会で西森祭典委員長選出  移民110周年をいよいよ来年に控える中、パラナ日伯文化連合会(折笠力己知会長)は先月29日、ロンドリーナ市の同会講堂で定期総会を開催し、新体制を発足させた。5年間会長職を務めた折笠氏は勇退し、マウア・ダ・セーラ文協で日語書記(元会長)を務める上口寛氏(66、鹿児島県)を新 […]