ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》議会が連邦予算基本法を承認=本物か、不安が残る景気回復

《ブラジル》議会が連邦予算基本法を承認=本物か、不安が残る景気回復

 【既報関連】上下両院が13日、18年度の連邦予算基本法(LDO)を承認したと、13日付アジェンシア・ブラジルが報じた。
 LDOは次年度予算の骨格となる優先課題や基礎的財政収支の黒字目標などを決めるもので、国や州、市の各自治体と公社を含む来年度の公的収支は1313億レアルの赤字が見込まれている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ