ホーム | ブラジル国内ニュース | ウィンブルドン・テニス=メロが男子ダブルスで優勝=51年ぶりのブラジル人の栄冠

ウィンブルドン・テニス=メロが男子ダブルスで優勝=51年ぶりのブラジル人の栄冠

ウィンブルドンを制したマルセロ・メロ(右)(AELTC/Florian Eisele)

ウィンブルドンを制したマルセロ・メロ(右)(AELTC/Florian Eisele)

 世界のテニス界では最高峰の大会、ロンドンで開催中のウィンブルドン男子ダブルスで15日、ブラジルのマルセロ・メロが、ポーランド人のルカシュ・クボットとのコンビで悲願の同大会初優勝を飾った。16日付ブラジル国内紙が報じている。
 メロとルカシュは優勝を賭け、オリバー・マラハ(オーストリア)とマテ・パヴィッチ(クロアチア)との決勝に臨んだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ