ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》財政目標達成に向け経済活性化プランの予算を切り詰める=総額75億レアル削減か再編成=下院投票前に議員割当金も凍結=「プラン遂行に影響なし」と企画相

《ブラジル》財政目標達成に向け経済活性化プランの予算を切り詰める=総額75億レアル削減か再編成=下院投票前に議員割当金も凍結=「プラン遂行に影響なし」と企画相

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 【既報関連】財政難から支出切り詰めを行っているブラジル連邦政府は、27日に、先に発表していた59億レアルの支出削減の具体案を発表した。支出削減策の中心となるのは経済活性化計画(PAC)だ。今年のPAC予算には361億レアルが割り当てられていたが、3月に89億レアル削減されていた。今回は2度目の予算削減で、その幅は75億レアルに及ぶ。これでPAC予算は累積164億レアルの削減となり、197億レアルしか使えなくなると28日付現地各紙が報じた。

 PACからの削減が決定した74億8千万レアルの内、52億3千万レアルは直接的な切り詰めで、残りの22億5千万レアルは、より困窮している部門や、優先度の高い部門への再編成の形が取られた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ