ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ハダジ前市長=16年のサンパウロ市市長選で未払い?=LJの被告に訴えられる

ハダジ前市長=16年のサンパウロ市市長選で未払い?=LJの被告に訴えられる

 ラヴァ・ジャット作戦で被告となっている企業家が、昨年のサンパウロ市市長選でのフェルナンド・ハダジ氏のキャンペーンで、266万レアルが踏み倒されたとして、労働者党(PT)を訴えていたことがわかった。28日付現地紙が報じている。
 訴えを起こしているのはジオヴァネ・ファヴィエリ氏だ。同氏の企業「F5B1」は、昨年のハダジ氏の選挙キャンペーンの最大のスポンサーでもあった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ