ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市は45日間も雨降らず!=呼吸器系疾患や結膜炎増加

サンパウロ市は45日間も雨降らず!=呼吸器系疾患や結膜炎増加

 サンパウロ市では28日で、まとまった雨が降らない日が45日間続いた事になり、呼吸器系疾患や結膜炎が急増している。
 27、28日付現地紙サイトによると、サンパウロ市の7月の平均降水量は43・9ミリだが、今年は4日に0・8ミリの雨をみたのみで、08年以降、最も乾燥した7月となっている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ