ホーム | 日系社会ニュース | 広島文化センター=しめやかに原爆死没者追悼法要=平崎会長、平和希求に強い想い

広島文化センター=しめやかに原爆死没者追悼法要=平崎会長、平和希求に強い想い

焼香に並んだ参列者

焼香に並んだ参列者

 ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は6日、同講堂で「原爆死没者追悼法要」を行った。約60人が参列した法要は南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の中野晃治導師と久保光雲開教師(ともに広島県出身)が執り行った。法要後は「黒い雨」(1989年、今村昌平監督)が上映された。
 原爆が投下された8時15分、犠牲者へ一分間の黙祷を捧げ、平崎会長が献灯した。参加者による献花の後、中野導師の読経により、しめやかに焼香が行われた。
 久保開教師のポ語による法話では、「広島に生まれた責任の大きさ」を感じ続けた同師と仏教との出会いを紹介。さらに自作の4コマ漫画を配布し、「全ての生き物は繋がり、関係を持つことで成り立つ。一人で存在するものはない」と仏教の教えを説いた。
 その後、松井一實広島市長の昨年度の『平和宣言』が日ポ両語で代読された。平崎会長は声を震わせながら自身が被爆者であることを語り、「被爆者として命ある限り、平和活動に貢献したい」と語った。
 県連の山田康夫会長や松柏・大志万学園の訪日使節団代表生徒による挨拶が行われ、同学園に記念プレートが渡された。
 牧山純子さん(長崎、69)は「平和の重要性を考えさせられた」と参加した感想を述べた。

 

□関連コラム□大耳小耳

 平崎会長は法要中、長崎県人会と国際文化センターとともに、原爆写真展を企画していることを明かした。なんと国連のアントニオ・グテーレス総長を招待し、連絡を待っているとのこと。その後に挨拶に立った山田会長は、「壮絶な想いを聞いた。用意した挨拶文など読んでいられない」と平崎会長の強い気持ちにショックを受けた様子。写真展の企画についても「県連としても、こういった平和活動を支えていきたい」と語り、援協にも協力を呼びかけた。

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 《ブラジル》「日本の歴史」講座、最終回迎え=毎回大盛況、来年も継続予定2017年12月16日 《ブラジル》「日本の歴史」講座、最終回迎え=毎回大盛況、来年も継続予定  今年3月に始まった日本の歴史についての連続講座が10日に最終回を迎えた。ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)の共催。「日本を知らないブラジル人に日本の歴史を教える」という目的のもと、全9回に渡って縄文時代から現代までを解説。聖市の三重 […]
  • ■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも2017年11月22日 ■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも  ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)が8日、聖市の三重県人会館で第3回目となる「かわいいお弁当」のワークショップを開催した。  始めに佐藤クリスチアンネさんが日本の「かわいい文化」について説明。その後、北村クラウジオ料理教師により「かわいいお弁当」の作り方が […]
  • ブラジル人向けの日本の歴史講座=漫画協会と三重県人会が共催=200人で熱気あふれる3時間2017年4月11日 ブラジル人向けの日本の歴史講座=漫画協会と三重県人会が共催=200人で熱気あふれる3時間  ブラジル漫画協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)が3月26日午前9時から聖市の同県人会館で、『日本の歴史』についての連続講演会(ポ語)の第1回を共催した。「日本を知らないブラジル人に日本の歴史を教えること」を目的とする。参加した20 […]
  • ■ひとマチ点描■若手かるた愛好家「めぐりあひ会」2016年1月28日 ■ひとマチ点描■若手かるた愛好家「めぐりあひ会」  20日付け本面で掲載した、国際交流基金による『かるたと百人一首講習会』。運営に全面協力したのは、20代のかるた愛好家グループ「めぐりあひ会」だ。 2014年9月に立ち上げ、現在は15人ほどが在籍している。メンバーの内、日系は2人だけという伯人中心の日本文化団体である。発起人の […]