ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中

サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中

セレソン入りしたカシオ(Daniel Augusto Jr./Ag. Corinthians)

セレソン入りしたカシオ(Daniel Augusto Jr./Ag. Corinthians)

 ブラジル・サッカー連盟は10日、8月31日と9月5日に行われるW杯南米予選の対エクアドル、対コロンビア戦に出場予定の23選手を発表した。
 選手は以下の通りだ。 <キーパー>アリソン(ASローマ)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、カシオ(コリンチャンス)、<サイドバック>ダニエル・アウヴェス(PSG)、ファギネル(コリンチャンス)、マルセロ(レアル・マドリッド)、フェリペ・ルイス(アトレチコ・マドリッド)、<センターバック>マルキーニョス、チアゴ・シウヴァ(共にPSG)、ミランダ(インテル・ミラン)、ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)、<ミッドフィールダー>カゼミーロ(レアル・マドリッド)、フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)、パウリーニョ(広州恒大)、レナト・アウグスト(北京高安)、ルアン(グレミオ)、ジュリアーノ(ゼニト)、フィリペ・コウチーニョ(リバプール)、ウィリアン(チェルシー)、<フォワード>ネイマール(PSG)、ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)、ロベルト・フィルミーノ(リバプール)、タイソン(シャフタール・ドネツク)
 残り4試合の時点で既にW杯行きを決定させているセレソンだが、ここまで2位に勝ち点9点差の首位という好調さを維持すべく、メンバーは9割方固定された状態での選出だった。
 その中で目をひいたのが、第3キーパーとしてカシオ、そして攻撃陣のひとりとしてルアンが選出されたことだ。
 カシオは、コリンチャンスが2012年にクラブ世界一となった時の正キーパーとして知られ、その後もコリンチャンスのゴールを一貫して守り続けていたが、セレソン召集は、マノ、ドゥンガの両監督時代に1回ずつあっただけだった。
 今回は全国選手権でコリンチャンスが首位独走状態の中、「そろそろセレソンに」との声もあがっていたが、同時に、印象的な堅守で話題となっていたサントスのヴァンデルレイのセレソン入りを希望する声も大きかった。そのため、ブラジルのスポーツ・メディアでは、「この2人のどちらがセレソンに相応しいか」の読者投票を行っているところも少なくなかった。
 また、16年リオ五輪での金メダルに貢献して以来、常にセレソン入りを期待されていたルアンには嬉しい知らせになった。五輪後もブラジル国内の大会ではレベルの高いプレーを続け、今や国内で最も市場価値の高い選手となり、8月末までの移籍市場で欧州移籍することが確実となっていた。奇しくも、8月31日のエクアドル戦の会場はグレミオの本拠地のグレミオ・アリーナで、この試合を置き土産にする可能性も高い。
 また9月5日のコロンビア戦は敵地戦となる。(10日付グローボエスポルテなどより)

こちらの記事もどうぞ

  • サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由2017年6月24日 サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由  あの悪夢の「ドイツ戦1―7敗戦」も今は昔――。セレソンは雪辱を期す2018年W杯ロシア大会のための南米予選を、世界の他の国に大幅に先駆けて制覇して、3月の時点で本大会出場を確定した。昨年9月就任のチッチ新監督は就任以来、南米予選を全勝で飾ったことで「チッチ効果」とも呼 […]
  • W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?2016年11月12日 W杯南米予選=セレソンが快進撃で5連勝=チッチ監督の成功の秘訣は?  チッチ新監督のもと、セレソンがW杯南米予選で破竹の5連勝を記録中。11節終了時点で勝ち点27点で首位と、好調を続けている。  それにしても、チッチ氏にバトンタッチされる前と後のセレソンは、全く別のチームのようになっている。チッチ氏が9月に采配を引き受けるまでは、W杯進出 […]
  • W杯南米予選=折り返し地点に到達=ブラジルは現在単独2位2016年10月8日 W杯南米予選=折り返し地点に到達=ブラジルは現在単独2位  18年サッカー・ワールドカップの南米予選は6日の第9節で折り返し地点に到達。ブラジルは現在、首位ウルグアイに継ぎ2位につけている。  今大会のブラジルは、14年のW杯の準決勝のドイツ戦での1―7の記録的惨敗もあり、ナーバスな気分で迎えられていた。実際、15年のコパ・ド・ […]
  • サッカーW杯南米予選=ジェズスが2得点デビュー=チッチ新監督の初陣飾る2016年9月3日 サッカーW杯南米予選=ジェズスが2得点デビュー=チッチ新監督の初陣飾る  1日、エクアドルのキトでサッカーW杯南米予選第7節の対エクアドル戦が行われ、伯国代表(セレソン)はガブリエル・ジェズスの2得点の活躍などで3―0で快勝し、チッチ新監督の初采配となった試合を白星で飾った。2日付伯字紙が報じている。  チッチ監督はこの日、リオ五輪で活躍し、 […]
  • ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析2016年9月20日 ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析  「ブラジレイロン」の愛称で知られるブラジルのサッカーの全国選手権は、9月3週目の週末で第26節が終了した。全部で38節なので、ほぼ3分の2を消化したことになるが、現時点で既に、南米一を争うリベルタドーレス杯への進出4チームはほぼ固まりつつある、との見方がある。  グロー […]