ホーム | コラム | オーリャ! | 笑い顔のシワに刻まれた苦労

笑い顔のシワに刻まれた苦労

 沖縄県人会スザノ支部の松堂忠顕さん(82)から移住当初の話を聞いた。1957年、妻の初子さん(79)とボリビアのコロニア・オキナワに移住した。「土地が酷かったし、なにより水がなかった。轍にたまった水で顔を洗うほどだった」と話す。6年間農業に従事したが、聖市に転住を決意した。
 聖市では菓子の販売を開始。初子さんが朝4時から作り、忠顕さんが町で売った。「ブラジル人の客は計算が出来ないから、少しちょろまかしたりしてね。生きるためにはしたたかでなければいけなかった」と当時を振り返る。
 スザノに移ったのは70年。農業を始め生活も安定し始めた矢先、16歳の次女が雷に打たれて亡くなった。避雷針も無い時代で、その日だけでスザノ市一帯で7人が亡くなったという。
 忠顕さんは時折笑い話を交えながら話してくれたが、笑い顔のシワの一つ一つに苦労が刻まれていると感じた。(陸)

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 美化運動の前に「わが町」意識の醸成を2017年8月17日 美化運動の前に「わが町」意識の醸成を  先日リベルダーデ広場を中心に東洋街で行われた美化活動。観光地らしくキレイになるかもという期待とは裏腹に、参加者からは冷ややかな声が漏れ聴こえた。  東洋街にはFMU、クルゼイロ・ド・スルなどの幾つもの大学や病院、中国人商店があるが、参加したのはほぼ日系団体関係者のみ。「いく […]
  • 日本語教師を、一家を支える職業に2017年8月16日 日本語教師を、一家を支える職業に  「時代に合わせた対応を」と着任挨拶で語ったブラジル日本語センターの池本千草新事務局長。「対応」すべき一例として、日語教師の安月給問題を挙げた。  昔からコロニアでは「日本語教師は安月給」とのイメージが強い。大学卒業資格が必要な正式な教職となった現在でも、高給取りになるのは難 […]
  • 単なるイベントではない110周年2017年8月10日 単なるイベントではない110周年  「世の為人の為に尽くすのが、明治の精神。世の中一人が変われば、社会も国も変わってゆく。移民の〃原点〃に立ち戻ろう」―。そんな菊地さんの言葉に、ノロエステ日系団体幹部も鼓舞されたようだった。  同地で明治の精神を今も体現するファミリーの一つが安永家だろう。長老・忠邦さんを大黒 […]