ホーム | コラム | オーリャ! | 専門分野を超えデカセギ問題に取り組む

専門分野を超えデカセギ問題に取り組む

 来月2日にムクナ豆について講演を行う三浦左千夫さんは熱帯医学の専門家。過去に熱帯病であるシャーガス病について来伯講演した。日系人のデカセギ訪日で日本でも熱病が広がる可能性を調査。そこから現在はデカセギ本人と子どもの精神疾患も研究している。
 三浦さんは「ブラジルでのびのび育った子が、急に日本の狭い環境に押し込まれ、一時的に精神を病むことがある。日本の医者はブラジルの環境や文化を理解していないために『この子はおかしい』と判断を誤る場合がある」という。そんな子どもが特別支援学級に入れられてしまうことも。
 「診断時に必要なのはバイリンガルに加えてバイカルチャーな人材。両国を把握している人であれば、環境を変えるために帰伯を勧めるといった提案もできる」という。
 三浦さんは両国の文化に精通した人材を日伯双方の医療現場へ派遣する活動を進めている。専門外でなくても、デカセギ問題の取り組む姿勢に脱帽した。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • デカセギ子弟と同じ経験もつ中川さん2017年8月26日 デカセギ子弟と同じ経験もつ中川さん  『カエル・プロジェクト』代表の中川郷子さんは1957年、中国人の父と日本人の母の間に生まれ、生後5カ月でブラジルに渡った。  公立小学校に入学するが、ポ語が話せず教師から難聴を疑われ、特別支援クラスに入れられた。母親はそのことを学校から知らされず、入学から3カ月経っても娘が […]
  • サッカーを通じた多文化共生事業2017年1月14日 サッカーを通じた多文化共生事業  「伯人サッカークラブ大泉」の存在意義は大きい。7人制競技ソサイチの話だ。チームは関東リーグ初代王者を目標に掲げるが、それよりも大事なのは、運営方針にある「共生」というキーワードではないか。 […]
  • コラム オーリャ!2016年7月9日 コラム オーリャ!  日本祭りが開幕を迎えた。郷土食を販売する各県人会は特に、準備に大忙しの一週間を過ごしたようだ。 水を差すようで悪いが、知人の日系人から少し残念な声を聞いた。「日本祭りは今年も行かないと思う」。この祭りにしかない日本食にも、アニメにも、企業ブースにも関心がないという。そんな声を […]
  • 四世ビザ解禁への期待高まる2016年10月7日 四世ビザ解禁への期待高まる  CIATEが実施した三、四世への意識調査(5日付け詳報)は、興味深い結果が出た。例えば、20~40代の回答者約500人のうち、約100人は四世と答えた点だ。  つまり働き盛りの若者のうち、四世が2割を占める時代になったのだ。その100人のうち、なんと85人ほどが「訪日就労に […]