ホーム | コラム | オーリャ! | 沖縄県系人にみる苦難を乗り越えた先の団結

沖縄県系人にみる苦難を乗り越えた先の団結

 沖縄やハワイからの同郷者を含む1200人が集った小禄田原字人会の百周年。門中によって繋がる血縁関係のみならず、多くの家族の中に移民が身近にいることが、同郷者を強く結びつけているようだった。
 「沖縄よりも伯国の方に親戚が多い」という高良忠清さんによれば、フィリピン・ミンダナオ島に渡った戦前移民の妻子が何千人も無国籍者となり、昨年に日本国籍を認められた子弟が郷土に戻ってきているという。
 戦前、東南アジアでは同国は最大の入植地で、移住者は最盛期1万7千人を超えた。うち70%が沖縄系で、同字出身者の子弟も多かったという。戦後取り残された妻子は、反日感情が渦巻くなか、身元を隠す必要性に迫られた。
 いち早く世界に開けた中継貿易で栄えた琉球王朝。その流れを汲み、村を支えるために移民が推奨され、唯一の地上戦を経験した沖縄。そんな苦難を乗り越えてきたからこそ、強い団結で結ばれているだろう。(航)

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 手間を尽くしたこだわりの味2017年10月3日 手間を尽くしたこだわりの味  JICAシニアボランティア農業技術者の浦田さんは、03年から4回に渡って伯国に派遣され、果物の栽培方法についての研修会や農家へ個別指導を行なってきた。  浦田さん指導の下、07年に商品化した「金星」は、現在ではAPPCの主力生産物。6月から8月に市場に出回るデコポンと同品種 […]
  • 日本人としての感性2017年9月13日 日本人としての感性  サンパウロ日本人学校の吉田校長は50周年式典で校訓「自主自立」「一所懸命」を紹介。「元来、本校は自由な校風であったが、子供が日本に戻ってすぐに馴染めるようにすることも大切。例えば、出し物で役割を与えてそれを楽しみながら全うしていくことで、責任感を身に付けて欲しい」と述べた。 […]
  • 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?2017年9月9日 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?  金曜の夜、ナイトクラブに行った。大音量で流れる音楽に合わせて、若者が所狭しと踊っている。奥に進むと明るく照らされた一畳ほどの場所で、彫り師が客の左腕にタトゥーを彫っていた。客は「かっこいいだろ」と言わんばかりに見せ、笑顔を作った。  なぜここでタトゥーを入れるのか不思議だっ […]