ホーム | 日系社会ニュース | 日系初の陸軍大将なるか=池田中将、新たな任務に

日系初の陸軍大将なるか=池田中将、新たな任務に

(左から)マリウス大将、池田中将、水嶌一等海尉、平崎さん

(左から)マリウス大将、池田中将、水嶌一等海尉、平崎さん

 【既報関連】日系人3人目の陸軍中将として7月31日に昇格していた池田隆蔵氏(56、二世)は陸軍第11師団での1年7ヶ月の司令官としての任務を終えて、先月29日、離着任式が行われた。
 陸軍第11師団は、首都ブラジリアを管轄する師団で大統領府警護にあたる近衛兵。同師団の司令官経験者からは大将が多く輩出されており、エルネスト・ガイゼル元大統領(第29代、74~79年)も、少将時代に司令官を経験したというほどだ。
 式典に出席した平崎靖之さんは、「任期を立派に務めたとの周囲の評判が非常に良かった。池田中将は頼まれたことに『ノー』と言わず、まず検討されて結論を出されるという。日本人的に物事を考え行動するからこそ尊敬を得ている」として、日系初の大将誕生に期待を寄せた。
 なお、池田中将は6日、リオ州カシアス公爵宮殿の陸軍文化教育局に歴史文化遺産司令官として赴任した。

こちらの記事もどうぞ