ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 埼玉県人会60周年式典後の祝賀会では、上田知事が持参した埼玉県産の日本酒が振舞われた。4本とも「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞したもので、酒好きの参列者はノドを唸らせて喜んでいた。日本では他のアルコール飲料との競合などにより、日本酒の出荷量は長らく減少傾向。ただ、海外に目を向けると、輸出量が10年前の1・9倍(国税庁2月発表)と躍進している。当地では定番とされる日本産の酒の銘柄はまだ少ないようなので、景気が底を打ったとされる今のうちに進出しておけば将
来市場を席巻できる?
     ◎
 ブラジリア日本語普及協会の協会誌第35号『ブラジリア、実践!日本語教育』が9月に発行された。JICAブラジル事務所の佐藤真司次長のあいさつ文に、1カ月休暇で日本に帰国していた間の興味深い逸話があった。コンビニの店員が心のこもらないマニュアルしゃべりばかりをしており、「理解に苦しんだ」という。「あまりに早口で気持ちがこもっていないので、一瞬何を言われたのか理解できない」とも。佐藤次長は、言葉には本来そこに込められた言霊があるのに、マニュアルしゃべりには言霊が込められていないから「想いのエネルギー」が伝わってこないと論じる。まさにその通り。「上手な日本語」よりも「気持ちのこもった日本語」こそが目指されるべきか。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2017年10月14日 大耳小耳  ブラジルの南部、南東部及び中西部で15日から、来年2月17日まで夏時間となる。15日午前0時に時計を一時間進める。日本との時差は11時間。当日に催しなどを予定している団体はご注意を。該当する州は、南大河、サンタ・カタリーナ、パラナ、サンパウロ、リオ、エスピリト・サント、ミナス […]
  • 大耳小耳2017年10月5日 大耳小耳  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)が、9日に、日系伯人が多く居住する滋賀県湖南市を訪問する。日系人妻を持ち、同市内日枝中学校で外国籍児童への教育に精力的に励んできた青木義道教諭の存在を知り、外国籍児童を多く抱える同市内の教育現場に、昨年 […]
  • 大耳小耳2017年8月26日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》と […]
  • 大耳小耳2017年8月4日 大耳小耳  テメル大統領の告発受け入れに関する連邦下院議会での投票が2日に行われた。日系下議4人の投票は次の通り。飯星ワルテル氏(社会民主党、PSD)、西森ルイス氏(共和党、PR)、高山ヒデカズ氏(キリスト教社会党、PSC)の3氏は、テメル告発お蔵入りを意味する「Sim」に投票した。太田 […]