ホーム | コラム | オーリャ! | 軽々と性別の壁を越えたブラジル化粧文化

軽々と性別の壁を越えたブラジル化粧文化

客の呼び込みをするドラァグ・クイーン

客の呼び込みをするドラァグ・クイーン

 12日まで美容・化粧品市のビューティー・フェアがセンターノルテ行われている。南米最大規模と言われ、出展社も客を呼び込むため様々な工夫を凝らしている。
 ドラァグ・クイーン(女装演技者)や化粧をした男性などを配置して客を呼び込んでいるところでは、多くの女性客が商品購入だけでなく彼らとの写真撮影のために並んでいた。
 国産化粧品会社Vultは2階建ての展示場を作り、外壁に同社商品で化粧をした男性などの顔写真を大きく写し出した。その横にある「違いを生きる」「Vult、あなたのやり方で」という広告フレーズが目立っていた。
 人種多様性に富んだ国ブラジルだけに、様々な肌の色に合わせた化粧品が元々展開されている。今はさらに、性別の壁すらも軽々と越えて化粧を楽しむ広がりを感じさせた。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 聖市に息づく、英国式スポーツクラブ2015年12月23日 聖市に息づく、英国式スポーツクラブ  聖市南部サントアマーロに、今年の伯国ラグビーMVPに輝いた、日系女性選手を訪ね取材してきた。 取材場所は彼女の所属チーム、サンパウロ・アスレティック・クラブ(SPAC)のラウンジ、1888年創立の由緒あるチームだ。 19世紀末期に英国人が創立したこのクラブはサッカー、ラグビー […]
  • 6月祭(フェスタ・ジュニーナ)の様子2015年7月1日 フェスタ・ジュニーナ  「6月祭(フェスタ・ジュニーナ)を知らずに2度目の6月(ジューニョ)が過ぎていく」とぼやいたら、友人が招待してくれた。 彼の姪っ子姉妹が通う学校の生徒が学年ごとに披露するお遊戯会といった様相で、「私の作った衣装が一番」と祖母が胸を張り、我が子を写真やビデオに収 […]
  • 6月21日サントスFC対コリンチャンス戦の試合後監督会見にて。サントスFC代行監督セルジーニョ2015年6月24日 「俺がルールだ。文句あっか!」  試合取材の一幕――記者証を見せても、サッカー場の係員は「有効期限切れだからダメ」と断固入場を拒否。「必ず更新するから今日だけ見逃してよ」と言っても取り付くしまなし。仕方なくチケットを買ったが、今度は一般客の入場規定に引っかかり「紙類、ペン類、傘は没収」ときた。 […]