ホーム | コラム | オーリャ! | 日本人としての感性

日本人としての感性

 サンパウロ日本人学校の吉田校長は50周年式典で校訓「自主自立」「一所懸命」を紹介。「元来、本校は自由な校風であったが、子供が日本に戻ってすぐに馴染めるようにすることも大切。例えば、出し物で役割を与えてそれを楽しみながら全うしていくことで、責任感を身に付けて欲しい」と述べた。
 「現在のサンパウロ市近郊には350人の日本人子弟がいると言われていて、そのうち200人は本校で学び、150人はインターナショナルスクールに。インターナショナルスクールも自由な校風であり、差をつけるためにも日本の感覚を重視したい」と話した。
 ある教育関係者によると、インターナショナスクールの学費は日本人学校の数倍とか。駐在員子弟の授業料を企業が全額負担する場合、インターナショナルスクールに通わせることが多いとか。
 グローバル化が進む今だからこそ「日本人としての感性」が大事。どちらの方がその素養が身につけられる? (陸)

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • バーに流れる日本の童謡2017年10月10日 バーに流れる日本の童謡  聖市内のとあるバーで、1日、歌手ヘナート・ブラス(48)のライブが行なわれた。30人ほどが食事を楽しみながら、温かみのある歌声と繊細なギターの音色に聞き入った。ブラスは過去に3回来日公演を行なっており、来月も日本各地で演奏する予定だ。  ライブでは、童謡「故郷」を日語で披露 […]
  • 手間を尽くしたこだわりの味2017年10月3日 手間を尽くしたこだわりの味  JICAシニアボランティア農業技術者の浦田さんは、03年から4回に渡って伯国に派遣され、果物の栽培方法についての研修会や農家へ個別指導を行なってきた。  浦田さん指導の下、07年に商品化した「金星」は、現在ではAPPCの主力生産物。6月から8月に市場に出回るデコポンと同品種 […]
  • 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?2017年9月9日 日本でタトゥーが受け入れられるのはいつ?  金曜の夜、ナイトクラブに行った。大音量で流れる音楽に合わせて、若者が所狭しと踊っている。奥に進むと明るく照らされた一畳ほどの場所で、彫り師が客の左腕にタトゥーを彫っていた。客は「かっこいいだろ」と言わんばかりに見せ、笑顔を作った。  なぜここでタトゥーを入れるのか不思議だっ […]