ホーム | コラム | 樹海 | ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

 ゴイアス州ゴイアニアで1987年9月13日、広島や長崎の原爆にも使われたセシウム137による放射線汚染を招く事件が起きた▼廃品業者が、既に使われなくなっていた放射線研究所からセシウム入りカプセルを詰めた鉛と金属の容器を持ち出したのだ。この容器は18日に古鉄屋が買い取り、解体。23日は「石が夜も光を放つぞ」と聞いた古鉄屋の兄弟が石を自宅に持ち帰ったが、セシウム汚染の最初の犠牲者が同家の娘レイデ(6歳)だった▼レイデの叔母は「父さんが持って来た光る石を見に来て」と言われて同家に行き、少女の父が、小石を乗せていた紙を少女の体にまとわせたりするのも見た▼叔母も子供達に見せようと石を自宅に持ち帰ったが、胸の上に石を落として負傷し、生後7カ月の娘に授乳出来なくなった。叔母の息子達は同日、レイデと遊ばなかったため、高度の放射能汚染を免れたが、長時間石と接したレイデは10月23日に亡くなった▼石に触れた人の異常に気づいた古鉄屋の妻が、州の衛生監督局にセシウムを持ち込んだ9月28日の時点では、249人が放射能に汚染され、129人は体内外から放射性物質が検出された。同市では4週間の間に4人が死に、49人が入院治療を受けた▼G1サイトは12日から、放射線を帯びた服や髪、土、車や家屋など、計6千トンをコンクリートで固めて地中に埋めた事などを特集で報じている。モデル志望だったレイデが汚染された髪を切る時、また生えてくるかと訊いた下りなどは実に切ない。セシウムの半減期は30年で汚染拡大の危険は減ったが、住民達は死と隣りあわせだった時の事を生涯忘れないだろう。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本で無国籍者として13年過ごした日系三世2017年11月14日 日本で無国籍者として13年過ごした日系三世  「僕は日本で無国籍者として13年間を過ごした」――5日、サンパウロ市内のホテルで開催された「ブラジル倫理法人の会」設立式典後の祝賀昼食会で、偶然隣り合わせた北米の日系三世から、そんな衝撃的な一言を聞いた。  「父がノーノー・ボーイだったんですよ。僕もツールレイク強制 […]
  • 国際平和のために24人も殉死したブラジル軍2017年11月11日 国際平和のために24人も殉死したブラジル軍  ガロア(霧雨)がそぼふる中でも微動だにせず――サンパウロ市内のブラジル陸軍の南東軍司令部では1日、国歌斉唱が天に轟くかのごとく響きわたった。おりしも当地のお盆「フィナードス(死者の日)」の前日のことだ。ハイチにおける国連平和維持活動(以下、PKO)の任務を成功裏に終え […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • ロライマにベネズエラ人先住民のための避難所開設2017年11月9日 ロライマにベネズエラ人先住民のための避難所開設  ベネズエラとの国境の町、ロライマ州パカライマ市に7日、ベ国先住民用の避難所が開設されたが、収容能力200人の先住民難民施設は開設初日から満杯状態と7日付G1サイトが報じた▼ロライマ州政府が土地を提供し、国連の難民支援機関からの資金で建設した施設は、同市市役所が運営する。今後は […]