ホーム | コラム | 樹海 | ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

 ゴイアス州ゴイアニアで1987年9月13日、広島や長崎の原爆にも使われたセシウム137による放射線汚染を招く事件が起きた▼廃品業者が、既に使われなくなっていた放射線研究所からセシウム入りカプセルを詰めた鉛と金属の容器を持ち出したのだ。この容器は18日に古鉄屋が買い取り、解体。23日は「石が夜も光を放つぞ」と聞いた古鉄屋の兄弟が石を自宅に持ち帰ったが、セシウム汚染の最初の犠牲者が同家の娘レイデ(6歳)だった▼レイデの叔母は「父さんが持って来た光る石を見に来て」と言われて同家に行き、少女の父が、小石を乗せていた紙を少女の体にまとわせたりするのも見た▼叔母も子供達に見せようと石を自宅に持ち帰ったが、胸の上に石を落として負傷し、生後7カ月の娘に授乳出来なくなった。叔母の息子達は同日、レイデと遊ばなかったため、高度の放射能汚染を免れたが、長時間石と接したレイデは10月23日に亡くなった▼石に触れた人の異常に気づいた古鉄屋の妻が、州の衛生監督局にセシウムを持ち込んだ9月28日の時点では、249人が放射能に汚染され、129人は体内外から放射性物質が検出された。同市では4週間の間に4人が死に、49人が入院治療を受けた▼G1サイトは12日から、放射線を帯びた服や髪、土、車や家屋など、計6千トンをコンクリートで固めて地中に埋めた事などを特集で報じている。モデル志望だったレイデが汚染された髪を切る時、また生えてくるかと訊いた下りなどは実に切ない。セシウムの半減期は30年で汚染拡大の危険は減ったが、住民達は死と隣りあわせだった時の事を生涯忘れないだろう。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉2017年9月15日 ブラジルらしい短歌〈一命を賭して巨悪にたちむかう若き判事は国の光明〉  「今大会では、いかにもブラジルらしい歌にたくさん出会えて、とても幸せな一日でした」――司会の多田邦治さんはにこやかに、そう全伯短歌大会を締めくくった。 […]
  • 《ブラジル改正労働法》「訴訟体質、簡単に変わらない」2017年9月12日 《ブラジル改正労働法》「訴訟体質、簡単に変わらない」  「『オレをクビにしてくれ』と言って来た労働者の申し出を断ったら、不服に思ったらしく、組合に入れ智慧をされたのか、いわゆるサボタージュを始めた。わざとかどうかは知らないが、怪我までして何カ月も仕事をしないでINSSをもらいながら居座り続けるケースも。その後も職場内に仲間 […]
  • 《ブラジル》ジャノー長官を襲う大どんでん返し2017年9月11日 《ブラジル》ジャノー長官を襲う大どんでん返し  「大どんでん返し」がジャノー連邦検察庁長官を襲っている。  検事の一人がスネに傷を持つ大物企業家をスパイのように送り込んで極秘の会話を録音させ、大統領を告訴する材料を得る代わりに、その企業家の懲役2千年分を免罪する――そんな密約をほのめかす録音が今週公開され、大変な […]
  • 白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に2017年9月7日 白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に  8月29日昼過ぎ、サンパウロ市のパウリスタ大通りを通るバスの中で、27歳の男性が通路側の椅子に座っていた23歳の女性の前で性器を取り出し、射精するという事件が起きた。この男性は翌日釈放されたが、9月2日もブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを通るバスの中で女性に性器を押し当 […]