ホーム | コラム | 樹海 | ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

ゴイアス州での放射能汚染事件から30年

 ゴイアス州ゴイアニアで1987年9月13日、広島や長崎の原爆にも使われたセシウム137による放射線汚染を招く事件が起きた▼廃品業者が、既に使われなくなっていた放射線研究所からセシウム入りカプセルを詰めた鉛と金属の容器を持ち出したのだ。この容器は18日に古鉄屋が買い取り、解体。23日は「石が夜も光を放つぞ」と聞いた古鉄屋の兄弟が石を自宅に持ち帰ったが、セシウム汚染の最初の犠牲者が同家の娘レイデ(6歳)だった▼レイデの叔母は「父さんが持って来た光る石を見に来て」と言われて同家に行き、少女の父が、小石を乗せていた紙を少女の体にまとわせたりするのも見た▼叔母も子供達に見せようと石を自宅に持ち帰ったが、胸の上に石を落として負傷し、生後7カ月の娘に授乳出来なくなった。叔母の息子達は同日、レイデと遊ばなかったため、高度の放射能汚染を免れたが、長時間石と接したレイデは10月23日に亡くなった▼石に触れた人の異常に気づいた古鉄屋の妻が、州の衛生監督局にセシウムを持ち込んだ9月28日の時点では、249人が放射能に汚染され、129人は体内外から放射性物質が検出された。同市では4週間の間に4人が死に、49人が入院治療を受けた▼G1サイトは12日から、放射線を帯びた服や髪、土、車や家屋など、計6千トンをコンクリートで固めて地中に埋めた事などを特集で報じている。モデル志望だったレイデが汚染された髪を切る時、また生えてくるかと訊いた下りなどは実に切ない。セシウムの半減期は30年で汚染拡大の危険は減ったが、住民達は死と隣りあわせだった時の事を生涯忘れないだろう。(み)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い2018年6月19日 《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い  《幾山河ここに恋あり命あ里》という川柳を見た覚えがないだろうか――サンパウロ市リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街の大阪橋のたもとにある、日本庭園を入ったすぐ左に建てられている句碑の作品だ。  東洋街に出入りしながら、心を焦がすような熱い恋をして、命を削るような辛い思い […]
  • 伯国の女子テニスの先駆者と坂本九の共通点2018年6月15日 伯国の女子テニスの先駆者と坂本九の共通点  9日、伯国におけるテニスの伝説、マリア・エステル・ブエノが亡くなった。彼女は1950年代から60年代にかけて、世界4大大会(全英・全米・全豪・全仏)の4大大会のグランド・スラム(全制覇)を成し遂げた世界史上最初の選手だ▼現在でいうならセレーナ・ウイリアムス(米国)級の […]
  • 八方美人では解決しないトラックスト2018年6月14日 八方美人では解決しないトラックスト  5月21日に始まり、11日間で解決したはずのトラック運転手のストが、未だに燻っている。ディーゼル油価格引下げが思うように行かず、運送費の最低料金表作りも難航しているのだ▼運送費の最低料金引き上げは運転手代表の言い分を呑んだ形で政府が譲ったもので、八方美人的な新料金表が作られた […]
  • 日本移民110周年に相応しい遺産としてワーキングホリデー制度を2018年6月12日 日本移民110周年に相応しい遺産としてワーキングホリデー制度を  「日本移民110周年に相応しい遺産」とは何か?――一つは、ビザ制度の整備ではないか。「7月から四世ビザが始まるのに…」と疑問に思う読者が居るかもしれない。  だが、コラム子にはこの制度は日本政府による一種の「フェイント」に見える。要望が多いから制度を作ったが、実は実 […]