ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》JICA=音楽で頭と体の体操を=リハビリ講習会を開催

《ブラジル》JICA=音楽で頭と体の体操を=リハビリ講習会を開催

音楽に合わせ体を動かす参加者ら

音楽に合わせ体を動かす参加者ら

 国際協力機構(JICA)ブラジル事務所が、音楽リハビリテーション講習会「健康、皆に権利あり」を15日、援協5階の神内ホールで開催した。
 デイサービス(日帰りの通所介護)や音楽リハビリプログラム等の介護事業を行う株式会社「ゆらリズム」(宮城県)から菊地義仁講師(40、青森)を招き、健康についての講演や実践を行ない、およそ120人が笑顔を見せながらリハビリを楽しんだ。
 昨年日本で行われた日系研修「音楽リハビリプログラム」に参加した研修員の帰国後の活動状況の調査、研修員を含む関連組織・人材を対象とした現地セミナーを実施する「ブラジルフォローアップ調査」の一環。調査で得られた情報を来年度の計画に反映し、質の高い研修実施を目指す。
 菊地さんは音楽をかけながらストレッチや、ボディ・パーカッション、来場客の「やっほー」の掛け声の大きさを手の動きに合わせて変えるリハビリを紹介。参加者も真剣に説明を聞きつつ、楽しそうに体を動かした。
 他にも、研修生の一人でUSP老年医学部コーディネーターのチュウバチ・ローザさんが日本の高齢者を取り巻く環境について発表。他の帰国研修生らはハンドベルなど片手で演奏できる楽器を会場に配り、「きらきらぼし」などを歌いながら合奏させた。
 菊地さんは今回の訪伯で帰国した研修生の活動状況も見て回ったことに触れ、「リハビリは日本国内でも地域による違いが出る。帰国研修生らも当地に合わせた音楽で活動するなど、成果が見れて嬉しい」と語った。
 講習会を楽しんだ柳沼エイコさん(76、二世)とミズトリ・マチコさん(66、三世)は「参加して良かった。これから日常生活に取り入れていきたい」とはつらつとした表情で語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2Q成長は1%未満=第3Qはマイナス成長?=雇用への不安が消費抑制2013年8月31日 第2Q成長は1%未満=第3Qはマイナス成長?=雇用への不安が消費抑制 ニッケイ新聞 2013年8月16日  中央銀行が15日、第2四半期の経済活動指数(IBC—Br)は第1四半期比0・89%の成長に止まったと発表したと同日付G1サイトが報じた。同日付のエスタード、フォーリャ両紙は、第3四半期の成長率は第2四半期を下回り、マイナス成長となる可能性も […]
  • セミナー「お年寄り」=一般公開=サンタクルス病院で2004年8月24日 セミナー「お年寄り」=一般公開=サンタクルス病院で 8月24日(火)  サンタクルス日系慈善協会サンタクルス病院(横田パウロ理事長)は、二十五日午後一時から六時まで「お年寄りに関する国際セミナー」をUNIFAIで開催する。ブラデスコ銀行、憩の園共催。援協、JICA後援。 […]
  • 刊行物『朝蔭』2013年4月12日 刊行物『朝蔭』 ニッケイ新聞 2013年4月12日  俳誌『朝蔭』3月号(第401号)が刊行された。 […]
  • 囲碁名人戦=12日から初段戦2006年3月8日 囲碁名人戦=12日から初段戦 2006年3月8日(水)  第十七回全伯囲碁名人戦が、日本棋院南米本部で十二日から始まる。ニッケイ新聞社主催、日本棋院南米本部後援。各段戦の上位二人が次の段位戦に進めることになっている人気の棋戦である。 […]
  • 東西南北2018年5月17日 東西南北  15日、パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事がニューヨークで表彰された。受賞した賞は、アメリカとブラジルの企業が参加する商工会議所の「今年の顔」という名の賞だった。モロ判事は受賞スピーチで、「ブラジルでは、大統領と下院議長という、ふたつの大きな罷免と、元大統領の逮捕が起きたが […]