ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル政界》テメルとアエシオの命運は?=下院ではCCJでの報告=ボニファシオ氏は大統領寄り=最高裁ではADIの審理

《ブラジル政界》テメルとアエシオの命運は?=下院ではCCJでの報告=ボニファシオ氏は大統領寄り=最高裁ではADIの審理

ボニファシオ下議(Valter Campanato/Agência Brasil)

ボニファシオ下議(Valter Campanato/Agência Brasil)

 10日には下院の憲政委員会(CCJ)で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)に対する2度目の告発受け入れに関する報告官の意見書が提出され、11日には最高裁でアエシオ・ネーヴェス上院議員(民主社会党・PSDB)が停職処分に当たるか否かの基準となる憲法違反行為(ADI)についての審理が行われるなど、ブラジルの政界の動きが慌ただしいものになっていると10日現地紙が報じている。

 10日、下院のCCJでは、テメル大統領ならびにモレイラ・フランコ大統領府事務局長とエリゼウ・パジーリャ官房長官という、PMDBの下院出身重要閣僚に対する告発審理の受け入れに関し、報告官による意見書の提出と読み上げが行われた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ