ホーム | 日系社会ニュース | 国際交流基金=松尾副所長離任、後任に山氏=「120年に繋がる事業を」

国際交流基金=松尾副所長離任、後任に山氏=「120年に繋がる事業を」

(左から)松尾さん、山さん

(左から)松尾さん、山さん

 国際交流基金サンパウロ日本文化センターで、12年5月から5年以上に及び副所長を務めた松尾博貴さん(45、埼玉)と新任の山雄起さん(33、三重)が24日、離着任の挨拶のため本紙を訪れた。

 松尾さんは「一つ一つが印象深く、記憶に残っている。一つには絞れないよ」と感慨深げに語り、5年間を振返った。15年の日伯外交樹立120周年に伴う文化事業に始まり、ジャパン・ハウスビル内への事務所移転など様々な事業に携わってきた。

 「文協や県連をはじめ、日系社会にはお世話になり、大変良くして頂いて感謝感激だ。110周年事業が成功裏に終わることを期待しています」と謝意を滲ませた。

 新任の山さんは、昨年に同基金に転職。前職では、09年から11年に伯国駐在経験を持つ。「転職して二年目にして伯国に転勤になるとは思ってもいなかった。何か運命的なものを感じている」と喜びを見せた。

 今後は語学教育関連事業に携わっていくといい、「日系社会の歴史を踏まえ、どのように事業を行っていくか。次の120周年を見据え、次に繋がるものをやっていければ」と期待を語り、「前任者の意志をしっかりと引継ぎ、日系社会のために少しでも貢献できるよう邁進してゆく」と意気込みを語った。

こちらの記事もどうぞ