ホーム | 日系社会ニュース | モニカ作者=滋賀県湖南市を訪問=在日伯人子弟を激励し

モニカ作者=滋賀県湖南市を訪問=在日伯人子弟を激励し

マウリシオさんを囲んで笑顔を見せた子供たち(提供写真)

マウリシオさんを囲んで笑顔を見せた子供たち(提供写真)

 ブラジルの国民的人気漫画家『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザ氏(81)を招いた「感謝の集い」が、先月9日、日系伯人が多く居住する滋賀県湖南市のサンヒルズ申西で行われた。

 日系人妻を持ち、同市内日枝中学校で外国籍生徒教育に精力的に励んできた青木義道教諭の存在を知り、同市内の教育現場に昨年来から著書や学習用スタンプを寄贈するなど支援してきた同氏。

 マウリシオ氏の姿を一目見ようと各地から日系伯人ら700人が集まり、会場は熱気に包まれた。同氏からのこれまでの支援に感謝を込めて、同中学校生徒による太鼓演奏や、地域交流を目的とした日系人市民グループ『カリーニョ』によるサンバ演奏も行われた。

 一方、同氏は漫画の登場人物が生まれた背景等について説明したほか、それらの絵を描いて出来上がる様子をスクリーンに映し出す一幕も。最後に日本で暮らす伯人子弟に激励の言葉をかけると、日枝中学校の生徒らは感激した様子で謝意を滲ませ、和やかな雰囲気のなか閉幕となった。

 

大耳・小耳/

 今回、マウリシオ氏の来日に合わせ、マウリシオソウザプロダクションでは、社会事業として日本の学校に通う伯人師弟と保護者のために日本の小学校を紹介する絵本も製作。小学校に通うモニカと4人のキャラクターを通して、学校の1日の流れや日本の風習などが描かれている(ポ語のみ)。初版200部が印刷され、既に在日伯人学校子弟へ500部を配布。今後も日本の小学校に入学・通学する子どもたちに配布予定。絵本に関する問合せは(ayamspjapan@gmail.com)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも2017年11月22日 ■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも  ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)が8日、聖市の三重県人会館で第3回目となる「かわいいお弁当」のワークショップを開催した。  始めに佐藤クリスチアンネさんが日本の「かわいい文化」について説明。その後、北村クラウジオ料理教師により「かわいいお弁当」の作り方が […]
  • 文協春の古本市、今年も盛況=非日系人から漫画に関心集まり2017年11月17日 文協春の古本市、今年も盛況=非日系人から漫画に関心集まり  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)は、『春の古本市』を先月29日、文協ビルで開催した。ボランティアと委員会会員約50人が協力し、一般図書、漫画、辞典など様々な図書を格安で販売した。  今年の来場者は約600人、売上げは1万5300レとなった。売上げは、全額が文協運 […]
  • ブラジル日本語センター=全伯日語生徒の作品展示2017年10月27日 ブラジル日本語センター=全伯日語生徒の作品展示  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が『第15回日本語祭り』を18から22日の5日間、同センターで開催した。会場内には全伯の日語学校生徒の力作が展示され、来場者を楽しませた。  今回は書道、硬筆、作文、絵画、漫画・アニメ作品の5分野に1717点の応募があっ […]
  • ポルト・アレグレ日本祭り=南伯でも熱心に日本文化普及=姉妹都市・金沢の工芸品も2017年8月23日 ポルト・アレグレ日本祭り=南伯でも熱心に日本文化普及=姉妹都市・金沢の工芸品も  南大河州都ポルト・アレグレ市で19、20日、日本祭りが開催され、昨年の7万人を越える多数の人が訪れた。同市の日系人は約7千人と多くないが、このイベントの客数は年々伸びる一方で、コロニアの存在感を強めている。イベントが行われた会場ではアニメイベントも併催され、来場客は伝 […]