ホーム | 日系社会ニュース | 静岡県=高校生が英語で討論=「移民政策を緩和すべきか」=第3回=即興で主張、全員で協力

静岡県=高校生が英語で討論=「移民政策を緩和すべきか」=第3回=即興で主張、全員で協力

試合の様子

試合の様子

 10月29日の試合当日、三島北高校Aチームは1回戦目、肯定側として加藤学園暁秀(ぎょうしゅう)高校チームと対戦し、「中小企業で働く人が増え日本経済が盛り上がる」「研修制度がなくなり労働環境全体がよくなる」というアドバンテージを挙げた。

 一方の暁秀チームは「日本人は外国人に否定的な印象を持っているから良い結果にならない」「治安が悪化する」というディスアドバンテージを挙げた。

 沼津市にある私立加藤学園暁秀高校にはバイリンガルコースがあり、授業のほとんどを英語で行っている。そのため英語の発音はネイティブ。場に応じた質問や返答に困ることはほとんどなかった。

 緊張感が伝わる試合が終わると、結果を待つ間、笑顔で記念写真を撮ったり、お互いの学校の話を聞くなど交流し和やかな雰囲気になる。

 会場では常に8部屋で同時に試合が行われる。それが4回繰り返される。

 立論は肯定側も否定側も1パターンずつだが、相手によって反駁が違うため、2度3度同じサイドで戦っても、同じ議論の流れにはならない。

 試合後の休憩は短いが、相手からの質問や反論でうまく返せなかったところや、審判からのアドバイスを参考にして次の試合のための準備をする。

 

 台風のため短くなった昼休み中にも、弁当を食べながら、スマートフォンで足りなかった証拠を探したり、対戦相手の前の試合の情報を交換したりする姿が見られた。

 どのチームも最初の主張をする立論は、完成させた原稿を読むため4分の制限時間いっぱい早口でまくし立てる。制限時間前に読み終わっても、「もう一度主張を繰り返します」と、制限時間が来るまで重要なポイントをアピールし続ける。

 以降のスピーカーは流れによってその場で原稿を作る。スピーカー以外のメンバーも、相手のスピーチを聞いて反撃の質問を作ったり、話しているスピーカーに必要な証拠を選んだりするため、常に辞書や資料を調べたり、メモを書いた付箋をやりとりしている。

 もちろん、相手のスピーチが聞き取れず質疑応答時間に証拠の確認をしたり、質問に対してうまく答えられずに議論が滞ることもある。

 三島北高校国際交流部の準備段階で否定側のディスアドバンテージの候補になっていた「移民の子供の教育」という論拠は、「日本で教育を十分に受けられないことにより、移民の子供たちの教育を受ける権利が侵害される」という表現で、同校Bチームが実際に試合で用いていた。

 部内の紅白試合では深まりが足りなかった質問や反駁の時間には、将来的にAI(人工知能)に取って代わられる職業のために労働者は必要ないのではないか、日本語を話す必要がなくなるのではないか、という観点まで及び白熱した。

 各チーム4試合を戦った結果、決勝を行わずに暁秀高校の優勝が決まった。準優勝は、4戦中暁秀高校にだけ破れた三島北高校Bチームとなった。(つづく、秋山郁美通信員)

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]