ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも

■ひとマチ点描■=わいい文化がお弁当にも

自作のかわいい弁当を見せる参加者

自作のかわいい弁当を見せる参加者

 ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)が8日、聖市の三重県人会館で第3回目となる「かわいいお弁当」のワークショップを開催した。
 始めに佐藤クリスチアンネさんが日本の「かわいい文化」について説明。その後、北村クラウジオ料理教師により「かわいいお弁当」の作り方が指導された。
 参加した65人はパンダや海苔で作られた顔の付いたおにぎりを作り、野菜や海苔をカットしてかわいい飾り作りを楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • 有料でも殺到、近現代史に重点=ポ語の日本史講座が再開2018年4月11日 有料でも殺到、近現代史に重点=ポ語の日本史講座が再開  ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)による『日本の歴史講座』(全9回、ポ語)の第1回目が、先月17日に三重県人会で開催された。  昨年は毎回200人を集めて大好評だった同講座。「今年も続けて欲しい」との参加者からの強い要望を受け、再 […]
  • 県連会議=日本祭り会場、凝った入口に=折り鶴や折布のアートで2018年3月9日 県連会議=日本祭り会場、凝った入口に=折り鶴や折布のアートで  ブラジル日本都道府県連合会(山田康夫会長)が「2月度県連代表者会議」を1日、文協ビル内の県連会議室で行なった。今回は第21回日本祭りの会場案の発表、県連活性化などについて発表があった。  今年の日本祭りは、110周年式典が開催される関係で、いつもより盛大になる。たと […]
  • 《ブラジル》「日本の歴史」講座、最終回迎え=毎回大盛況、来年も継続予定2017年12月16日 《ブラジル》「日本の歴史」講座、最終回迎え=毎回大盛況、来年も継続予定  今年3月に始まった日本の歴史についての連続講座が10日に最終回を迎えた。ブラジル漫画協会(佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)の共催。「日本を知らないブラジル人に日本の歴史を教える」という目的のもと、全9回に渡って縄文時代から現代までを解説。聖市の三重 […]