ホーム | 日系社会ニュース | 110周年記念リッファ販売開始=一等はトヨタ・プリウス

110周年記念リッファ販売開始=一等はトヨタ・プリウス

一等のトヨタ・プリウス

一等のトヨタ・プリウス

 移民110周年記念事業の資金集めのため、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)主催『移民110周年第一段リッファ(協力券)』の販売が13日から始まった。一枚35レアル。
 賞品は、一等=プリウス(トヨタ自動車)、二等=デジタルカメラEOS(キャノン)、三等=スマートTV・LEDフルHD40(パナソニック)、四等=スマート・フォーン・エクスペリアXA4G(ソニー)、五等=電子レンジ30リットル(パナソニック)。
 一等はブラジル・トヨタ自動車、二~五等はファスト・ショップの提供。販売場所は、文協事務所及び、同文協内2階の110周年委員会事務所にて取扱う。
 リッファ販売開始に向けて、8日、同委員会事務所内で開かれた記者会見で、菊地委員長は「一等がトヨタ自動車プリウスという豪華な賞品。若者にも販売を担ってもらうことで価値が出てくるのではないか」と意欲を見せた。
 なお、税金や諸経費を除く販売額は60万レ近く上る見込み。記念式典開催及び国士舘再開発事業に充てられる。また、来年2月24日に抽選が行われ、日本祭り会場で行われる7月21日の記念式典内で、当選者へのプリウス贈呈が実施される予定だ。
 問合せは、同事務局(3208・5519)まで。

こちらの記事もどうぞ