ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=世論調査でルーラ支持率上昇=2位ボウソナロも安定化=3位マリーナが出馬表明=アウキミンとシロで5強状態

《ブラジル》大統領選=世論調査でルーラ支持率上昇=2位ボウソナロも安定化=3位マリーナが出馬表明=アウキミンとシロで5強状態

マリーナ氏(José Cruz/Agência Brasil)

マリーナ氏(José Cruz/Agência Brasil)

 ダッタフォーリャによる18年大統領選に関する世論調査が11月末に行われ、ルーラ氏(労働者党・PT)が依然として、34%と圧倒的な支持率を維持しており、2位の極右候補、ジャイール・ボウソナロ氏(愛国党に移籍予定)への支持率も安定していることがわかった。3日付フォーリャ紙が報じている。

 今回の調査は11月29、30日に全国の68市2765人を対象に行われたものだ。それによると、マリーナ・シウヴァ氏(レデ)、元最高裁判事のジョアキン・バルボーザ氏、テメル大統領、エンリケ・メイレレス財相(社会民主党・PSD)も加えたケースでは、1位のルーラ氏の支持率は34%で、2位のボウソナロ氏の17%に2倍の差をつけた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ