ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催

《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催

青年会が主催した講演会

青年会が主催した講演会

 ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。

 同講演会の講演者は3人。日本サッカーの研究をするチアゴ・ボンテンポさんは主にJリーグの歴史、14年サッカーW杯やリオ五輪委員会で活動した長谷川エドウィンさんは大会運営の内幕に加えて東京五輪への行き方、日本人サッカー選手を研究するエリアス・ファラルツ・イ・フェルナンド・ナムルさんは欧州で活躍する日本選手の紹介などをした。
 講演会が企画されたのは9月末。講演場所を探していたチアゴさんに、青年会主体のイベント企画を考えていた有山さんが提案した。チアゴさんの繋がりで他の講演者も決まったそう。
 市川タミリス副会長(26、三世)は、人気のスポーツに関するイベント開催で、県人会の名前を広め会員を増やすことをイベントの目的とした。様子見を兼ねた初開催のため小規模にした。
 参加者は約20人。「小さい場所だし、広報は3~4日前から。今回はこの来場者数で満足。来年3月にも同様のイベントを開催したい」と手応え十分の様子。
 山形県人会の青年会が復活したのは昨年8月。3年程前に活動を停止し、実質「なくなった」状態に。昨年の日本祭りで「手伝ってくれないか」と声を掛けられた有山さんがアドバイザーとして入会。有山さんは埼玉県人会の元青年会会長。経験がない青年らに助言しつつ活性化に励んでいる。
 有山さんによると県人会と青年会の間で問題となっているのは意思疎通だ。考え方の違いや理解のズレ、コミュニケーション不足でお互いに不満を抱くよう。「うちの県人会だけじゃないと思うけどね」とも。
 山形県人会の定例行事「芋煮会」は昨年から青年会主催になった。今年は例年より大きい場所を借りて来場者増を計画。県人会役員からは「大きくしすぎだ」と注意があったが、青年会は「県人会を大きくするためのイベントだ」と強行した。結果、例年約60人ほどの来場者を約3倍も増やすことができた。
 有山さんは「やる前に『失敗するな』と注意されるのが青年会の一番の不満だ」と説明。「イベント開催を任せても途中で口を出す。気持ちはわかるが、お互いの理解が足りていないと思う」と考えを述べた。
 青年会メンバーは約15人。イベントの手伝いに来る会員はその半分だそう。市川さんは「青年会は将来の県人会役員になる人材。会がなくならないように活動したい」と述べた。

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 埼玉=移住百周年/県人会創立60年=上田知事ら慶祝団11人=「日本人に信用、県人の誇り」2017年9月7日 埼玉=移住百周年/県人会創立60年=上田知事ら慶祝団11人=「日本人に信用、県人の誇り」  ブラジル埼玉県人会(尾﨑眞次会長)は「埼玉県人移住100周年・在伯埼玉県人会創立60周年記念式典」を3日、栃木県人会館で開催した。県に縁のある約150人が集まり、母県からは上田清司知事、小林哲也県議会議長ら11人が出席。先人の功績に思いを馳せると共に、記念の日を盛大に […]
  • 福島県人会=喜多方から産品紹介に=銘酒試飲やラーメンで2013年7月31日 福島県人会=喜多方から産品紹介に=銘酒試飲やラーメンで ニッケイ新聞 2013年7月20日  ブラジル福島県人会(永山八郎会長)の呼びかけにより、福島県喜多方市の会津喜多方物産協会の元会長、佐藤彌右衛門さん(62、同市)、現副会長の五十嵐隆さん(59、同市)、武藤啓一さんら3人が県連日本祭りに合わせて市場視察と商品紹介のために18日 […]