ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》メイレレス財相がPSDBとアウキミン批判=「選挙のために連立抜ける」=大統領選へのライバル意識か=PSD内部では行き違いも

《ブラジル》メイレレス財相がPSDBとアウキミン批判=「選挙のために連立抜ける」=大統領選へのライバル意識か=PSD内部では行き違いも

メイレレス財相(Lula Marques/AGPT)

メイレレス財相(Lula Marques/AGPT)

 エンリケ・メイレレス財相(社会民主党・PSD)が4日付フォーリャ紙で民主社会党(PSDB)と同党の大統領候補が有力と見られるジェラウド・アウキミン聖州知事を批判する発言を行った。4、5.6日付現地紙が報じている。

 メイレレス財相は4日付フォーリャ紙のインタビューで、「連邦政府の連立与党の代表として18年大統領選に出馬するのか」との問いに対し、「連立与党が代表候補を選出することは十分ありうる」としながらも、「私自身の決断は3月の終りまで待ってほしい」とした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ