ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》汚職議員落選運動「さよなら、愛しい人」キャンペーン始まる=593人の議員をランク付け=議会での投票傾向も白日の下に晒される

《ブラジル》汚職議員落選運動「さよなら、愛しい人」キャンペーン始まる=593人の議員をランク付け=議会での投票傾向も白日の下に晒される

8月の上院、下院合同審議の様子(参考画像・Pedro França/Agência Senado)

8月の上院、下院合同審議の様子(参考画像・Pedro França/Agência Senado)

 ブラジルで昨年のジウマ前大統領(PT・労働者党)罷免運動のキャッチフレーズになった、「チャウ・ケリーダ」(「チャウ」は「さようなら」の意味で、「ケリーダ」は親しい女性への呼びかけ)が、少しだけ形を変え、市民運動のVPR(Vem Pra Rua、街に出よう)によって、来年の総選挙で汚職政治家を落選させる運動の名前となっていると6日付地元紙が報じた。
 ジウマ罷免運動の一翼を担ったVPRは、「#チャウケリードス」(「ケリードス」は複数の人々への親しみを込めた呼びかけ)のスローガンの下、政治家格付サイトの「政治家ランキング」と合同で、インターネット上に「選挙で当選させてはいけない政治家」リストを掲載する予定だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ